タグ:マガモ ( 3 ) タグの人気記事

マガモ の 親子

森の静寂の中にひっそり佇む池で、マガモの親子に出会いました。
マガモは、冬鳥として全国に渡来、夏にはシベリアへ渡って繁殖します。でも、北海道、本州の一部では少数が留鳥として渡りをせず、繁殖するものもあります。

この池には、数羽のマガモとカルガモが見られました。
遠目では、カルガモの親子かと思いましたが、近づいてくると先導する母ガモがマガモでした。雛は10羽いました。
マガモ親子は初めて見ますが、子ガモはカルガモの子と同じようでした。マガモの親子は私の視界を横断して遠くへ行ってしまい、その後いくら待っても姿を見せてくれませんでした。
長閑な午後のお散歩だったのでしょうか・・・



b0076870_8172827.jpg


b0076870_8175069.jpg


     バイバイ(;_;)/~~~  元気に育ってね!
b0076870_8181725.jpg


     父さんは誰でしょう? 雄は子育てに参加しませんから、分かりませんね。
b0076870_8475955.jpg



今日は「父の日」です。
今の若いお父さん達は積極的に家事や子育てに参加する方が多いように思いますが、
一昔前は、男は仕事、女は家事育児、という家庭が多かったのではないでしょうか、我が家は確りそうでした。だから1年365日、在宅時はいつも「父の日」でしたよ。(^_^;)

女性の社会進出、男女共同参画社会にエールを送る気持ちもある一方、妻として母としてのきめ細かい配慮で家庭を守る専業主婦なる存在を軽んじてほしくない気もします。価値観の多様性が認められる社会であってほしいと願う私です。

全国のお父さん、「父の日」おめでとうございます! いつもいつもご苦労様です、健康一番で、家族のために頑張ってくださいね。
by coraltree-37-11 | 2014-06-15 09:11

マガモ

カモ目カモ科 全長59cm 冬鳥又は留鳥
今季初めて渡りのマガモに出会ったのは9月の終わり、その時雄はエクリプスでちょっと汚い顔でした。
今ではあちこちで緑の顔の美しい姿を見せてくれますね。

川で出会ったマガモです。下流へ移動する時は川に流されてスイスイ下っていきます。上流へ移動する時は流れの抵抗がきついようで、川面を飛んで行きます。
川岸の葦の中にいたカモたちが私の足音に驚きいっせいに飛び立ちました。バタバタ…とものすごい羽音に、彼らの存在に気付かなかった私もびっくりでした。水鳥の羽音を敵の夜襲と思い敗走した平家の逸話が頭を巡りました。同じ富士川での事でしたから・・・


b0076870_9341370.jpg


b0076870_1013785.jpg

by coraltree-37-11 | 2009-12-02 10:06

オオバン

ツル目クイナ科全長39cm

富士山の懐の湖で沢山のカモ達が湖畔に集まっていました。
お馴染みのオオバンをマガモの集団の中に見つけました。
b0076870_1013193.jpg

この日のオオバンは写真を撮っている私のすぐ近くまでやってきてくれました。「おーい、おーい、寄りすぎだよ、はみ出しちゃうよ、そこでストップ、はいポーズ!」なんて、独り言が出てしまうほどでした。
湖畔に打ち寄せられた水草を拾って食べるのに夢中なようでした。
b0076870_1013012.jpg

食べては湖に体を浮かべ、そして又食べるの繰り返しでした。
b0076870_1011211.jpg

仲良く寄り添う2羽のオオバンがいました。オスとメスなんでしょうか…
採餌する時も、泳ぐ時も常に一緒、中睦まじいオオバンの様子仄々していました。
b0076870_10115371.jpg

b0076870_10123742.jpg

b0076870_10213022.jpg

この日の富士山は綺麗でした。富士は両手を広げてカモ達を包み込み込んでいるように見えました。
b0076870_10325832.jpg

by coraltree-37-11 | 2007-12-24 11:17