タグ:ホオジロ ( 14 ) タグの人気記事

ホオジロ

場所を選ばず姿を見せてくれるお馴染みのホオジロだから、ついついカメラを向ける事も少なくて・・・
でも、時々、その囀りに、その姿に心慰めらる時があります。
この夏、何箇所かで出会ったホオジロ達です。




     女神湖に泊まった時、ホテルのベランダから見たホオジロ。
b0076870_13482884.jpg



     市街地の川原で出会ったホオジロ、何にも鳥のいない真夏、やっと見つけた「貴重な鳥」でしたぁ~
b0076870_1032081.jpg


     峠道で出会ったホオジロ、深い谷に張り出した枝で囀っていました。
b0076870_10311530.jpg



     秋の気配を感じる高原で出会ったホオジロ
b0076870_10325132.jpg


     ホオジロ幼鳥かな・・・ ↑のホオジロの奥にちょこんと留っていました。
b0076870_103384.jpg


     この子は、ホオジロ幼鳥、車のすぐ傍に飛んで来ました。
b0076870_1033324.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-09-07 10:30

コメント専用 

b0076870_10324272.jpg

          雨にも負けずホオジロ君囀っていました。大地を潤す恵みの雨、感謝しましょう!
by coraltree-37-11 | 2012-08-05 10:38 | コメント専用

湖畔のホオジロ と ジョビ君

1年中いる身近な鳥なのに、秋が深まってからホオジロの姿を良く見かけるようになりました。春の囀りも素敵な美声ですが、この時期のチチチッ…という声も秋の澄んだ空気の中でひときわ可愛らしく感じます。
ベニマシコのいた湖畔にはホオジロが多く、湖畔の葦にやって来ては穂先の綿毛を毟り、美味しそうに食べていました。
この日は曇っていたのに、ホオジロと出会った時だけ太陽が顔を出し、眩しい撮影でした(^_^;)



①     湖畔の大きな柿の木、ホオジロが留っていたのを写真を見てから気付きました、分かりますか・・・?
b0076870_10521518.jpg



②     雌です。
b0076870_10523187.jpg


b0076870_10524731.jpg


b0076870_1053036.jpg


b0076870_10531525.jpg



⑥     雄です。
b0076870_10532914.jpg


b0076870_10534510.jpg


b0076870_1054918.jpg


b0076870_10543088.jpg


b0076870_10544669.jpg



あっという間に、どこに行ってもジョウビタキに出会うようになりました。湖畔のジョウビタキは雄、今季は雄にもててます(*^^)v
ホオジロが縄張りに来るのが面白くないのかな・・・ホオジロが出てくると、ジョウビタキも出てくるのですが、面と向かって、文句は言えないみたいで、遠巻きに監視しているように見えました。

b0076870_13491886.jpg


b0076870_13493468.jpg


出会い頭の事故?、突然ジョウビタキが私の目の前に。  ジョビ君慌てて逃げていきました。激しく逆光でシルエットでしたが、羽が透けて、綺麗でした。

b0076870_1349516.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-11-11 10:56

ホオジロ

綺麗に色付いた紅葉、山に溢れる赤、黄、紫などの木の実、ここに鳥が留ってくれたら絵になるだろうなぁと思いを巡らすのですが、現実は、青々とした葉の中で顔出したり、落葉した枝に留ったり・・・鳥はこちらの思う所にはなかなか留ってくれません。
ベニマシコと一緒にいたホオジロのうちの1羽が紅葉の山を背景に留ってくれました。何とか「秋」を感じられるでしょうか・・・


b0076870_10305115.jpg



      赤が後ろに来るように移動してみました。
b0076870_1031633.jpg




     遠くに小さくホオジロ、足元に大きく天狗さん、久しぶりの出会いでした。天狗の鼻のように尖った顔のテングチョウも秋色でした。
b0076870_12302119.jpg



b0076870_12304320.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-11-06 12:38

ホオジロ

一人でお昼のおにぎりを食べていたら、すぐ前に飛ん来て、相手をしてくれました。目が合っても逃げない可愛いホオジロ♂でした。


b0076870_0254073.jpg


b0076870_0255857.jpg


b0076870_0261451.jpg


b0076870_0262597.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-02-10 09:10

ホオジロ

付かず離れず、番で行動しいたホオジロ、秋色の羽色が秋色の背景に溶け込んで、とても綺麗に見えました。


                               ♂
b0076870_23523870.jpg


b0076870_2355019.jpg


                              
b0076870_23525790.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-07 23:48

雪とホオジロ

雪が降ると、鳥さんの餌の木の実、草の実が雪に埋もれ、餌探しも大変になるのですね。河口湖畔の雪の中でミコアイサを撮影している時、雪の上をホオジロが餌を求めて歩いていました。雪の間に僅かに飛び出た草の実を食べているようです。雪の上を歩く足、とても冷たそうでした。


b0076870_246892.jpg


b0076870_246249.jpg


b0076870_2464357.jpg


b0076870_247337.jpg


b0076870_2472022.jpg


ヒヨドリは逞しいです。キャベツの葉をバリバリ食べていました。何でも食べるのですね、びっくりでした。
b0076870_2454883.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-02-06 23:17

ホオジロ

スズメ目ホオジロ科 全長17cm 留鳥まあは漂鳥

ホオジロガモに続いて、本家?ホオジロ。(笑)
この季節どこへ行ってもホオジロに出会います。「な~んだ、ホオジロ!」なんて言わないで、よく見ると、とっても綺麗で、雄は凛々しく、雌は愛らしいです。
冬の田圃で、猛禽を探して車を止めていると、ホオジロがどんどん近寄って来てくれました。車の中からの撮影でした。


b0076870_23525829.jpg


b0076870_23532190.jpg


b0076870_23533953.jpg


b0076870_23535760.jpg


b0076870_23541310.jpg


b0076870_23543246.jpg


b0076870_23545153.jpg


b0076870_23551498.jpg


b0076870_23553336.jpg


b0076870_23555546.jpg


b0076870_23561349.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-14 00:30

コジュリン・オオジュリン・ホオジロ

教えて下さい!
撮影日  09・11・08
撮影地  山梨県中央市(甲府市郊外)の田圃
数羽の群れで、稲穂の上に留まることが多かったです。スズメ脅しのドーンという音に驚いて、飛び立ち、上空を群れで旋回した後、又稲穂の上に留まることを繰り返していました。同時に見られたセッカは、スズメ脅しが鳴っても動じることはありませんでした。スズメ以外の他の鳥、ムクドリやセキレイなどもこの音には無頓着です。ですから、この群れはこの地(スズメ脅し)に慣れていない新顔さんかなという印象を持ちました。
①,②が初めて、遠くで捉えた姿で、始めはオオジュリン??という印象を持ちましたが、近くに留まった③~⑨は足も肉色、頭央線もあるので、コジュリン冬羽??かとも思ったのですが、山梨にコジュリンって聞いたこともないですし・・・どうなんでしょう・・・ ③~⑥と⑦~⑨は別個体です。
ホオジロ♀でしょうか・・・可能性が高いような気もしますが、でもホオジロ雌とは印象が違うように感じました。それに、ホオジロが♀だけの数羽の群れを作るのでしょうか・・・

⑩~⑪は、翌日確認のため、同所に再度行った時に、田圃の傍のセイタカアワダチソウに留まったホオジロ雌です。 稲穂の上にも、ホオジロ雌を1羽見つけたのですが、群れてはいないようでした。その時はもう、群は見られませんでした。
どうぞご意見をお聞かせくださいませ。<(_ _)>


☆上記記事に関して、沢山のご意見を頂戴し、ありがとうございました。詳しい方にお問い合わせいただいたMさん、ありがとうございました。
①~② オオジュリン
③~⑨ コジュリン

だと判別していただきました。

コジュリンは繁殖期の生息地が青森・秋田・茨城・千葉・熊本など局地的に集中しているので、まさか山梨県でコジュリンが見られるとは思いませんでした。
コジュリンの分布域が「本州北・中部(青森県、秋田県、宮城県、新潟県、群馬県、茨城県、千葉県、山梨県、長野県、富山県、静岡県、奈良県、鳥取県)、九州(熊本県)に分布する。」という記載を見つけましたので、冬季コジュリンがいても不思議ではないということになりますね。
コジュリンは夏羽への換羽中の個体や、真っ黒頭の夏羽の個体しか見たことがないので、冬羽のコジュリンを、しかも山梨のフィールドで出会えた事は、感動です。
北海道から本州に越冬にやってきたオオジュリンとも出会えて、嬉しさ倍増です。
ありがとうございました、感謝します。



b0076870_1163714.jpg


b0076870_116533.jpg


b0076870_117896.jpg


b0076870_1182110.jpg


b0076870_118528.jpg


b0076870_1191187.jpg


b0076870_1194217.jpg


b0076870_1110080.jpg


b0076870_11102274.jpg



⑩                 こちらは、ホオジロ雌です。
b0076870_11341030.jpg


b0076870_11343338.jpg



⑫                 遠くにはホオアカも。
b0076870_16541490.jpg

by coraltree-37-11 | 2009-11-13 11:44

渡りの鳥さん   ノビタキとチゴハヤブサ

夏に高原で出会ったノビタキも渡りの途につき、平地へ下りてきました。
真っ黒頭で凛々しかった雄もすっかり冬羽に変身し、優しげな出で立ちになりました。

去年、渡りのノビタキと出会った田園地帯もコスモス畑も今年はすっかり様変わりしてしまい、姿を見せてくれません。それでもノビタキに一目会いたいと、河原や田圃を車で回って、それらしきところを歩いてみました。
今日、やっと、ちょっと距離はありましたが、ノビタキ1羽を見つけました。2,3分の短い出会い、すぐに飛ばれてしまいましたが、冬羽に変わったノビタキとの嬉しい出会いでした。


直前にスズメが飛来し、何だろうとカメラを向けたところ、そこにノビタキが1羽飛んで来て草の上に留まりました。ちっちゃいです。
b0076870_1658161.jpg



b0076870_16582096.jpg



b0076870_16583425.jpg


少しづつ近づいて行ったのですが、散歩の男性に「何を撮ってるのですか?」と声をかけられ、振り向いた隙に飛ばれてしまいました。{;_;)/~~~
b0076870_1658529.jpg



b0076870_1659922.jpg



撮りたかったセイタカアワダチソウとノビタキは駄目でしたが、その替わり、ホオジロがいました。ホオジロはいくら近づいても逃げなかったです。ノビタキならなぁ・・・(>_<)
b0076870_16593685.jpg




雨が落ちてきたので、帰ろうと駐車場に戻ると、電線の上にハトより少し大きい鳥が留まっていました。始めチョウゲンボウかと思い近づくと、ちょっと違う・・・何とチゴハヤブサの幼鳥でした。ムクドリやセキレイが真上を飛んだり、隣に留まったりしても、顔を動かすだけです。
夏に信州まで遠征し、抱卵中の雄雌の親鳥と出会って3か月、幼鳥もこんな大きく成長し、渡りの途についたのでしょう、思いがけない出会いに嬉しい悲鳴でした。
お腹側を撮ろうと反対側に回ろうとした時、またしても通りがかりの男性から声をかけられ、地元のタカに詳しい方で、クマタカのレクチャーまでされて、聞いている間に飛ばれてしまいました。飛び出しも撮りたかったのになぁ(;_;)/~~


胸の縦班が少しだけ見えています。アイリングが青灰色、嘴も青みがかり、羽縁が白く、幼鳥ですね。
b0076870_181791.jpg



b0076870_17585241.jpg



b0076870_17591057.jpg

by coraltree-37-11 | 2009-10-05 18:27