タグ:ホオアカ ( 10 ) タグの人気記事

ホオアカ

猛暑が続きます、ばててませんか?
涼しい高原から、7月30日撮影です。この時はニッコウキスゲも終盤、もう今頃は終わってますね。今年は見事な開花を見せたコバイケイソウも実を付け、白い花はヒヨドリバナやシシウドが目立っていました。 高原の花達は次々と様相を変え、短い夏を猛スピードで駆け抜けている感じがします。

この日は娘と一緒に車山歩き、なのでカメラはちょっとだけでしたが、天然のクーラーは最高でした!


b0076870_913316.jpg


b0076870_915193.jpg


b0076870_922252.jpg


     帰り道、道路際で囀るホオアカ
b0076870_97797.jpg


b0076870_924893.jpg


     ミツバチマーヤ・・・?
b0076870_935417.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-08-09 11:47

ホオアカ

夏の高原の鳥と言えばノビタキとホオアカが代表選手でしょうか、
冬にはブッシュに身を潜めて隠れ棲んでいたホオアカが、堂々と姿を現し、綺麗な歌声を披露するこの時期は、まさに水を得た魚の様に生き生きとして美しいものです。

このホオアカさんは子育て中のようでした。1箇所にとどまって優雅な歌を歌い続ける事もなく、忙しく草原を翔け回って虫探ししていました。いつもはのほほんとしたちょっと間の抜けたようにも見えるホオアカさんもこの時ばかりは親の顔、きりっと凛々しく見えました。




b0076870_10123198.jpg


b0076870_1013997.jpg



b0076870_10164782.jpg



b0076870_10172773.jpg


b0076870_1017505.jpg


b0076870_10181184.jpg



b0076870_10201033.jpg



b0076870_10191552.jpg


b0076870_10194149.jpg




     レンゲツツジからバトンを受け継ぐようにニッコウキスゲが開花を始めました。(7月2日)
b0076870_1124124.jpg


b0076870_11244623.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-03 18:00

ホオアカ

ホオアカも綺麗な声で歌っています。高原の初夏、新緑の眩いばかりの輝き、頬を撫でる風の爽やかさ、心洗われます。



     ホオアカ(左)とノビタキ(右)
b0076870_7505280.jpg


b0076870_7513862.jpg


b0076870_23383763.jpg


b0076870_23385564.jpg



長崎の義母、危篤の報が入りました。90歳です。
交通手段がない時間の知らせなので、すぐには駈けつけられず、明日を待って、長崎へ発ちます。
義姉が亡くなって3週間、不幸が続き、気持ちがしんどいです。

ブログはしばらく休ませていただきます。
by coraltree-37-11 | 2012-06-15 23:53

ノビタキ

本日は雪、庭が雪化粧して、温かい炬燵の中からの眺めは素敵です。お仕事の方は通勤大変だったでしょうね、呑気なこと言って、ごめんなさい!
さーて、越冬ノビちゃん情報ですが、昨日(2月28日)相変わらず元気に採餌していました。ついに越冬出来そうで、少々安堵したところで、この雪、寒かっただろうなぁ~ それに、早く解けないと虫さん捕れませんしね・・・
頑張れ、ノビちゃん!


     寒いのか、ポッコリ・・・
b0076870_10334970.jpg



b0076870_10342866.jpg


     ノビちゃん、見ていたら、いつも潜ってばかりのホオアカがひょっこり出てきました。ノビちゃんのお友達かな・・・
b0076870_10344517.jpg

by coraltree-37-11 | 2012-02-29 10:43

秋のノビタキ

大変ご無沙汰しておりました。
ご心配や激励のコメントやメール、ありがとうございました。 とても嬉しく、心から励まされました。(__)
9月初旬、腰椎のMRIを撮ったことから、腎臓腫瘍の疑いでCT検査、腎臓腫瘍は生まれながらの嚢胞ということで心配なかったのですが、そのCT検査から副腎腫瘍が見つかり、入院、検査となりました。
10月半ばに退院、しばらく通院と投薬で様子を見ることになりました。薬の副作用で頻脈がでたり、疲れやすかったりもしますが、元気で暮らしています。
10月の終わりころから、たまに家の近場の公園や田圃などを短時間ですが周り、久しぶりのカメラを開始しました。山梨の家にPCを忘れて東京へ帰ってしまったり、PCに写真が撮り込めなくなるというハプニングがあったりで、更新が遅れてしまいました。

夏の猛暑からあっという間に冬になったような気がします。入院中の病院で、夏、高原で出会ったノビタキを思い出し、今年は秋のノビタキに会えないなぁ~と残念がっておりましたが、ギリギリセーフ、私の退院を待っていてくれたようです。近くの田圃の秋色の中で冬羽になったノビタキに会うことが出来ました。来年も元気で帰ってきて、又楽しませてね、と お見送りの挨拶をすることが出来ました。
ちょっと季節を逸してしまいましたが、嬉しい出会いでしたので・・・


b0076870_1055483.jpg



b0076870_10552993.jpg



     夏の高原で美声で歌っていたホオアカも枯れ草の影に隠れるようにしていました。
b0076870_1056471.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-11-27 10:27

高原のホオアカ

スズメ目ホオジロ科 全長16cm 留鳥又は漂鳥
昨日、標高1900Mの高原へ行ってきました。午前中の外気温21℃、涼しいです。風が強めの日、吹く風がとても心地良く、木陰では肌寒いほどでした。先日の川原の暑さと較べれば、まるで天国と地獄の差でした。
連日の猛暑日の続く中、涼しさの宅配便になればいいですが・・・



          シシウドのフワフワのベッドでお休み中のホオアカ、でも時々は囀りを忘れません。
b0076870_17352331.jpg


b0076870_17354044.jpg


b0076870_1736682.jpg


          コバイケイソウの花後の実に留って囀るホオアカ。 …と、その時、近くから別のホオアカの囀りが聞こえてきました。
b0076870_17391918.jpg


          自分の縄張りの中へ侵入者あり、出撃です。
b0076870_17393935.jpg


          バトル開始です。
b0076870_17445959.jpg


b0076870_17452090.jpg


b0076870_17455032.jpg


b0076870_1746871.jpg


          追い出し、成功、ちょっと得意げです。
b0076870_1749619.jpg


b0076870_17493483.jpg


         
          ヒヨドリ?に留るホオアカ、じゃなかった…ヒヨドリソウに留るホオアカでした。(__)
b0076870_17522860.jpg


b0076870_17524821.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-07-29 18:05

ホオアカ

スズメ目ホオジロ科 全長16cm 留鳥(漂鳥)
2か所の高原で出会ったホオアカです。この季節、草原のソングポストに留って囀るホオアカの姿と声は、高原にとてもよくお似合いですね。



          富士山麓の高原のホオアカ、遠くの山が背景に入りました。
b0076870_11335068.jpg


b0076870_1134717.jpg


b0076870_11343052.jpg



          ホオアカの胸元はアフガン編みのセータを着ているようで、好きです。子供の頃、おばあちゃんが編んでくれたセーターを思い出すのです。
b0076870_1134482.jpg


b0076870_1135731.jpg



b0076870_11352857.jpg


          ピンボケですね、へへへ・・・
b0076870_11354797.jpg



          すぐ近くの枯れたススキの穂に留りました。風で揺られてさらに私に近づきました。
b0076870_11361879.jpg


b0076870_11363687.jpg


b0076870_11364971.jpg


b0076870_1137298.jpg



          ラスト2枚は八ヶ岳の高原のホオアカです。何だか丸々しているように見えました。
b0076870_11452576.jpg


b0076870_1145428.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-06-22 12:09

ホオアカ

スズメ目ホオジロ科 全長16cm 留鳥又は漂鳥
コヨシキリの囀る高原ではホオアカにも出会うことができました。
囀りの声がホオジロとそっくりで、ホオジロも沢山いる高原では、遠くにいるとどちらだろうと、私にはなかなか聞き分けが出来ませんでしたが、何度も聞くうち、分かったような気になってきました。あやしいものですが・・・


b0076870_7232638.jpg


b0076870_724492.jpg


b0076870_7241892.jpg


b0076870_7252320.jpg


b0076870_7225968.jpg


b0076870_7235449.jpg


b0076870_7255191.jpg


b0076870_7261644.jpg


b0076870_7264076.jpg


b0076870_727810.jpg


          草原のあちこちで咲いていたマムシグサ、ここに留まってくれと願いを込めてしばらく待機して見ましたが、プロのようにはいきませんね。鳥さんもマムシは怖いのかもですね(笑)
          いつもは林床のような暗い環境で見ることが多いマムシグサ、明るく開けた草原で見ると美しいものでした。
b0076870_11204888.jpg


b0076870_1121157.jpg

by coraltree-37-11 | 2009-06-13 08:19

ホオアカ

スズメ目ホオジロ科 全長16cm
灼熱?の高原で、ホオアカの囀りが聞こえてきました。
広い草原に目を凝らすと、遠くの小山の草の間に留まって囀る姿が見えました。草の中に僅かに見え隠れするホオアカをしばらく見ていると、今度は少し近づいた所の、草の天辺で相変わらず囀りを続けていました。その後、かなり私に近づいた草へ移動し、又囀り続けています。

ホオアカは3か所のソングポストを移動しながら、囀りを続けていました。
目立つ所で鳴いてくれるのは、とてもありがたいのですが、何度出会っても近づくことのできないホオアカです。

標高1000m程の高原ですが、日中は容赦なく太陽が照りつけ、特にホオアカのいる草原は日影もなく、2時間ほど観察していましたが、これ以上はもう無理と日陰に引き上げました。
b0076870_22512849.jpg

b0076870_2248162.jpg

b0076870_22482451.jpg

b0076870_2249394.jpg

b0076870_22505253.jpg

このホオアカは別の場所で出会ったのですが、動きがぎこちなく若い鳥さんのようでした。
b0076870_22522961.jpg


☆明日から3日ほど旅行に出ます。子供との旅行ですので、写真は撮る機会があるかどうか分かりません(なさそうです)。 しばらく留守になります。(o*。_。)oペコッ
by coraltree-37-11 | 2008-07-20 23:28

ホオアカ

スズメ目ホオジロ科全長16cm
見ての通り、頬が赤いのでホオアカ、ホオジロとほぼ同じくらいの大きさです。
日光戦場ヶ原湿原で、ノビタキと一緒にいました。ノビタキと同じように、開けた湿原の低い木や草の上で辺りを見回していました。
b0076870_9294532.jpg
b0076870_9304229.jpg

戦場ヶ原の湿原は一部に木道があるようですが、湿原の中に入れません。そのため鳥たちが自由に飛びまわっていますが、距離があって肉眼では何の鳥か確認できないのです。
そこで写真を撮っている私は何人かの方に「何の鳥がいるんですか?」と声を掛けられ、撮った写真を拡大して「これがノビタキ」「これがホオアカ」と見せてさしあげて、とても喜ばれました。
初見、初撮りの私のほうこそ嬉しくてついつい口数が多くなってしまいました。ヽ(´▽`)/へへっ
b0076870_9335068.jpg
b0076870_938349.jpg


これは、おまけ!(/ω\) ハジカシー
b0076870_9425218.jpg

by coraltree-37-11 | 2007-07-11 10:16