タグ:ノビタキ ( 47 ) タグの人気記事

ノビタキ  幼鳥

ノビタキ幼鳥、可愛くて沢山撮りましたので、続きます。
今の時期だけのお楽しみですね。



b0076870_23585923.jpg


b0076870_23592868.jpg


b0076870_23595737.jpg


b0076870_002518.jpg


b0076870_01561.jpg


b0076870_012618.jpg


     目の前にやって来てくれて、可愛い仕種を思いっきり見せてくれました。
b0076870_015575.jpg


b0076870_021884.jpg


b0076870_024357.jpg


     睨めっこしましょ、アップップ!   私の負けでしたぁ~
b0076870_031220.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-07-06 23:57

ノビタキ  愛の鞭

ノビタキの幼鳥がジージーと賑やかに鳴いていました。 数羽の幼鳥、兄弟、姉妹なのでしょう、親鳥がやって来ると大騒ぎで餌をねだります。
でも、親鳥は餌をやりません。幼鳥たちの様子を見に1時間おきくらいにやって来るのですが、餌はやらないのです。
もう十分飛べるようになった幼鳥たちは自立する時期なのでしょう。

抱卵から孵化、孵化すると雛鳥への餌運び、そして雛の巣立ち、巣立ってからもしばらくは幼鳥へ頻繁に餌を運びます。まさに寝食を忘れて子育てをするのです。本能とはいえ、その健気さには深い愛情さえ感じます。

そして、自立の時期になると、いきなり手放すのではなく、餌をやりはしないけれど、幼鳥の様子を見守る、ちゃんと手順を踏んで子育て終了へと向かうのです。これからは自分で餌を捕るのだよと親鳥は幼鳥達へ無言で教え諭し、頑張れよ!と激励しているように見えました。

いささか、子離れの苦手な私は、ノビタキの親鳥に教え諭された思いでした(^_^;)




     「ご飯くれないの? 何でよ~~~」
b0076870_22281530.jpg


     「飯くれ~~」  でもお母さんは知らんぷり!
b0076870_22284789.jpg



     「母ちゃん、ご飯ちょうだい!」
b0076870_22291716.jpg


     「ないのかぁ~~」
b0076870_22294110.jpg


     「行かないでよ~~」    
b0076870_223031.jpg



     餌をせがんで大きな口をあける幼鳥
b0076870_22303543.jpg


     「僕もご飯ちょうだい~」ともう1羽幼鳥がやって来ました。
b0076870_22305436.jpg


     「お腹がすいたら、自分で虫を探すんだよ!」と諭すお母さん。
b0076870_22311522.jpg


     「じゃあ、頑張って!」とお母さんは飛び出して行きました。
b0076870_22313383.jpg


     お父さんもご飯をくれません(;_;
b0076870_22322097.jpg



こうして、ノビタキは一人(鳥)前になっていくのですね、試練の時なのでしょう、頑張れ幼鳥さん!と私もエールを贈りました。
by coraltree-37-11 | 2014-07-04 23:47

ノビタキ   近くで・・・

前掲のノビタキの続きです。
別の場所では、車からの撮影なので、すぐ近くまで来てくれました。近くで営巣しているのでしょうね、ちょっとだけお邪魔させていただきました。
10日程前の撮影ですが、セイヨウヤマガラシの花の黄色の中でのノビタキは とても清々しく、長閑な景色でした。


     まずは雌から・・・
b0076870_114899.jpg


b0076870_11483114.jpg


b0076870_1149016.jpg


b0076870_11492311.jpg


b0076870_11494667.jpg



     続いて雄です、この番はかかあ殿下かな?とてもシャイなお父さんでした。    
b0076870_11501150.jpg


b0076870_11502960.jpg





「落ちた雛は拾わないでください!」バーダーさんの間では常識なんですけれど、まだまだ一般には広まってないのでしょうね、悲しい出来事がありました。

先週の土曜日、仕事帰りの夫が、大きな荷物を提げて帰ってきました。 それは鳥籠で、中にはスズメの雛。
職場の出入り口の前に落ちていたのをスタッフの方が拾い、保護したとか、
急遽ペットショップで鳥籠一式、粒粒の餌とミルワーム等を買って、飛べるようになるまで保護するつもりだったようです。翌日は日曜日なので、夫は自宅に持ち帰ってきたそうです。
職場周辺は商店やスーパーなどがある地域、車も人も多く通りますし、カラスや猫もいるので、保護するのは当然だと職場の皆は思っているようです。

スズメの雛はもう羽も生え揃い、明らかに巣立ち雛でした。
私が『なぜ拾ったか?拾っちゃいけなかった!、親が雛の声を聞きつけて世話をするのだから・・・
カラスや猫が心配なら、物陰や植え込みの中に移動して上げるだけでよかった、それでも襲われれば、それは自然の摂理、保護して籠の鳥にするよりも遥かに生き伸びる確率は高いのだから。』と言うと、さも私が薄情としか受け取れない様子でした。

ヒナは食欲もあって、ミルワームを半分に切って、ピンセットで与えるとよく食べます。小さいペットボトルにぬるま湯を入れ保温してやったり、出来る限りの世話をしてやりました。(世話は私です)
翌朝も5時前に起き、ピーピー鳴いている雛にミルワームをやるとよく食べました。(これも私、夫はグーグー寝てました(;_;)

雛も籠の中で少し飛べるようだし、よく鳴くし、食欲もあり、元気そうだし、翌日の月曜日には職場に持っていき、拾った辺りで放して、親鳥が来るか様子を見たら と私が言うと、夫も同意し、そのつもりになった矢先、
日曜日の夕方、雛はバッタと止まり木から崩れ落ちるように落下、死んでしまいました。
野生の鳥はぎりぎりまで弱味を見せないと言いますが、本当ですね。

夫はマンションの植え込みの片隅に小さな墓標を立てて埋めましたが、やっと私の言葉を理解したようでした。
人の力では、なかなか雛は育ちませんね、上手く育つ場合もあるようですが、その場合でも野生にかえすこと
は難しいのでしょう。
都会の真ん中でも雛が落ちてる事もあるんですよね。
善意が、結果、悪意になったこの事件、子雀の可愛い目が忘れられない悲しい思い出しなりました。
「落ちた雛は拾わない!」多くの人に知ってほしいですよね。
by coraltree-37-11 | 2014-06-24 12:46

ノビタキ

ノビタキは夏鳥の中でもいち早く渡って来て、4月ともなれば、まだ冬枯れの高原を賑合わせてくれるのに、
今年はすっかりノビタキさん後回しにしてしまって、やっと会いに行ってきました。
でもちょうど、セイヨウヤマガラシがあちこちに咲いており、黄色の花を背景に撮ることが出来ました。
往きに通りがかった時は雄、帰りに通りかかった時には雌が同じ場所にいました、交替で餌捕りしているようでした。



b0076870_2327367.jpg


b0076870_23272821.jpg


b0076870_23275136.jpg


b0076870_8245939.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-06-21 17:48

ヒャクニチソウとノビタキ

標高1400m近くある高原のヒャクニチソウのお花畑、友人とのドライブで寄って来ました。鮮やかでカラフルな広大な広がり、Beautiful! と思わず歓声を上げるほどでした。が、しかし、私としてはひっそりとした佇まいで咲く山野の花の方が好きかな・・・
ヒャクニチソウの隅っこにノビタキを見つけました。
花とノビタキはお似合いだけど、ヒャクニチソウじゃゴタゴタし過ぎですよね(^_^;)



b0076870_22112269.jpg


b0076870_2263667.jpg


b0076870_2265216.jpg


b0076870_2271282.jpg


b0076870_2273858.jpg


b0076870_2291546.jpg


b0076870_2293091.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-09-03 18:00

ノビタキ

繁殖地のノビタキは大分少なくなりました。冬羽への換羽中か、綺麗な冬羽に変わっていて、真黒頭のノビ君は見かけません。1か所に数羽のグループを作っていて、移動間近という感を受けました。
間もなく市街地の農耕地などで目にするようになるでしょう、楽しみです。

もう高原はすっかり秋の気配、トンボが飛び交い、畑の畔にはススキやコスモスが涼風に揺らいでいました。

ついつい涼しい高原へ避暑に行ってしまって、ノビタキばかりで、飽きられてしまわれたでしょう・・・すみません




b0076870_1112209.jpg


     この草留まりやすいのか、↑とは違うノビさん、綺麗な冬羽になってました。
b0076870_1731458.jpg


     オオマツヨイグサに留るノビタキ
b0076870_1751910.jpg


     トンボが群れて飛んでいて
b0076870_178196.jpg


     捕り放題・・・?
b0076870_1735124.jpg


     羽ごとガブリ! 「美味しい?」
b0076870_174723.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-09-01 18:00

ノビタキ

ご無沙汰してしまいました。 
お盆から何かとバタバタして、それに猛烈な暑さもあって、動きがかなり鈍りました(^_^;) 昨日くらいから、こちら山梨は暑さも和らいでホッと一息といったところでしょうか、そろそろ重い腰を上げないとですね。
それに、在庫の写真も放りっ放しで…困ったものです。
だいぶ遅れてしまいましたが、8月8日撮影の高原のノビタキ、幼鳥さんも もう自立しているようで単独行でした。幼羽からの換羽中でしょうか、毛並みが綺麗じゃなかったです。




     ノビタキの傍をツバメが通過していきました。
b0076870_18382025.jpg


     羽、ボサボサです。
b0076870_18385465.jpg


b0076870_18391336.jpg



     シシウドに留まればいいなぁ~と思っていたら、留ってくれたのですが、農道の際でした、狭い道での車からの撮影、近過ぎました。もっと引いて撮りたかったです。
b0076870_18335696.jpg


     バタバタ飛び移りながらハンティング、かなり苦労していました。
b0076870_18343964.jpg


     やった~~! 小さな小さな虫でしたが・・・
b0076870_1835480.jpg


     ゆっくりゆっくり味わって食べてましたぁ~
b0076870_18353016.jpg


b0076870_1835575.jpg


b0076870_183615100.jpg


     「生きて行くのは大変だなぁ~」
b0076870_18363483.jpg




❤ スマップのBOSS缶コーヒーのCMに出てくる慎吾君の鼻に留るピンクの鳥さん、すごく可愛いですね(*^^)v  
by coraltree-37-11 | 2013-08-26 19:25

ノビタキ

暑い時の涼しい高原となると、ノビちゃんやホオアカばかり・・・(__)
今頃は幼鳥さんが多くて、まるで保育園のようです。幼い子達は愛くるしくて、仕草や表情を見てるだけで飽きること無しです。


     「お腹がすいたよ~~~}
b0076870_17362194.jpg


     呼べど叫べど、父さんも母さんも来てくれません。
b0076870_17365562.jpg


b0076870_17371548.jpg


b0076870_1738425.jpg


     自分で餌を探すしかないのかぁ・・・
b0076870_17382932.jpg


b0076870_17384957.jpg


      [君、誰・・・?」
b0076870_1739854.jpg


     「よーし、一人で頑張るよ!」
b0076870_17392727.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-08-11 18:00

ノビタキ   コバイケイソウの中で

花の高原の心地良さに惹かれて、時間が出来るとつい足を運んでしまいます。
レンゲツツジもニッコウキスゲも有名だけれど、私はコバイケイソウの白い花も大好きです。
コバイケイソウの群落の中で、珍しく近くで撮ることが出来たノビタキです。でも、高原の鳥はちっこく撮った方が素敵かな・・・? 
花の中の鳥、どうもゴタゴタになってしまって私には難しいです。 「すっきり美しく」撮りたのですが叶いません(;_:)   撮影枚数ばかり大量になっても、これもだめ、これもだめ・・・の連続で、がっかりばかりです。
チャンスとセンスとテクニック、そして「心」が一体となった写真、たとえ趣味の世界の事とはいえ、いつか(自己)満足できる写真を撮ってみたいものです。
☂/☁マークの日ばかり続きますね、☼マークの日待ち焦がれています。




b0076870_12111370.jpg


b0076870_12123257.jpg


b0076870_1213014.jpg


b0076870_12162839.jpg


b0076870_12182437.jpg


b0076870_12193412.jpg



    雌は地味な場所にばかり留ってました。慎み深い雌さん、とっても愛らしかったです。
b0076870_1221756.jpg


b0076870_12214347.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-06 18:00

ノビタキ   レンゲツツジの中で

ノビタキ、なかなかレンゲツツジには留りません、ツツジより背の高い枯れた葦にばかり留りますね~
この場所のノビタキはもう雛が巣立って、親鳥に餌をねだってジージー鳴く声でとても賑やかでした。幼鳥は3羽くらいかな、もう自由に飛び回れるのに餌捕りはまだまだ修行が必要なようです。
幼鳥の可愛い姿もレンゲツツジも季節限定、今年も見られて嬉しかったです。

先日は雷様と豪雨で短時間しかカメラ出来なかったので、レンゲツツジの咲いているうちにと 昨日又行ってきたのですが、せっかく早起きして出掛けたのに、お山は深い霧に包まれて、着いて3時間も車で待機、最近お天気に泣かされてます(^_^;)



b0076870_0465023.jpg


     雌かと思えば幼鳥さん 
b0076870_047227.jpg


b0076870_0475254.jpg


b0076870_0481669.jpg


b0076870_1452398.jpg


     「父ちゃん、飯くれ~」幼鳥さんは大きな口を開けて餌をねだります。
b0076870_0512126.jpg


    父ちゃんは高く飛びあがって、飛んでる虫をフライングキャッチ、休む暇なしです。
b0076870_1354546.jpg


     おチビちゃん、虫を口に入れてもらえて良かったね!     
b0076870_050534.jpg


b0076870_0494284.jpg


b0076870_050331.jpg


b0076870_0502358.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-29 18:46