タグ:ツグミ ( 10 ) タグの人気記事

ツグミ

今冬は渡来の遅かった冬鳥ツグミも 今ではどこへ行ってもツグミ登場というほど目にするようになり、これでこそ冬のフィールドって感じがします。


b0076870_17563760.jpg


b0076870_17565246.jpg


b0076870_1757386.jpg


b0076870_17575456.jpg


b0076870_17581998.jpg



壊れたレンズですが、VRを解除すると、どうにか使えるようです。望遠レンズの予備を持って来ていなかったので、山梨での撮影は駄目かな…とがっかりでしたが、東京へ戻るまでは凌げそうです。
でも、今週は天気悪そうですね。
by coraltree-37-11 | 2012-03-05 18:04

ツグミ

冬鳥ツグミは毎年5月くらいまで見られますね。
ついこの前まで冬枯れの大地で落ち葉を掻き分け採餌していたツグミも春の野で見るとまた違った魅力を感じます。
ホトケノザ、ナズナ、オオイヌノフグリ、タンポポ、春の野の草の中で、ツグミンも輝いて見えました。 そろそろ旅立ちかな…シベリアやカムチャッカ方面の繁殖地までの遠い旅、頑張って!



b0076870_1711089.jpg


b0076870_1712384.jpg


b0076870_16592585.jpg


b0076870_16593616.jpg


b0076870_170390.jpg


b0076870_1702011.jpg


b0076870_1703561.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-04-15 17:23

ツグミ 

鳥のために少し残すという木守柿にしては沢山の実を付けた残り柿、冬枯れの景色の中でその赤い実がひと際艶やかでした。美味しそうなご馳走を食みに、ツグミやヒヨドリたちが賑やかに集って来ました。



b0076870_0414840.jpg



b0076870_04263.jpg



b0076870_0422138.jpg



b0076870_0464520.jpg



⑤     突然のヒヨドリの喧嘩
b0076870_0431811.jpg



b0076870_0434756.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-01-22 01:10

カワラヒワとツグミ

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか? 楽しんでいらっしゃいますか?
私は帰省して来た子供や朝の遅い休みの夫の給餌に忙しくしています(笑)
合間を見て近くでカメラ散歩、珍しい鳥さんはいませんでしたが、お馴染の小鳥さん達が春の野の草の中で、ゆったりと午後のひと時を楽しんでいるように見えました。とても長閑でした。
何でもない光景ですが、忙しい日常を忘れさせてくれるちょっと心癒される時間を過ごせました。



               カワラヒワ  この黄色の花の綿毛が大好きなのかしら、口いっぱいに頬ばってました。
b0076870_9482073.jpg


b0076870_9483774.jpg


b0076870_9485581.jpg



               ツグミ  オオイヌノフグリの中で・・・
b0076870_9491745.jpg


b0076870_9494224.jpg



     ☆明日から、渋滞覚悟で1泊の家族旅行、観光地なので、鳥さんは・・・ダメでしょう・・・余り気が進みませんが行ってきます。(;_;)
by coraltree-37-11 | 2010-05-02 10:14

ツグミ

スズメ目ツグミ科 全長24cm 冬鳥
昨日の公園です。ツグミンはまだいました。
春の景色の中で、旅立ちの前の僅かな時間を長閑な春の日を浴びて、のんびりと楽しげに過ごしているように見えました。  毎年、ツグミは冬鳥の中で一番長く日本にいる様に思えますが、どうでしょう。


b0076870_11283375.jpg


b0076870_11335627.jpg


b0076870_11274797.jpg
          

b0076870_11281454.jpg


b0076870_112923.jpg


シメ、アオジもいましたぁ~
by coraltree-37-11 | 2009-04-19 11:50

ツグミ

スズメ目ツグミ科 全長24cm 冬鳥
早朝の高原は白一色、霧氷が木々に白く付着し、満開の花に埋もれたような美しさでした。夜明けとともに小鳥達も囀り始め、凍てつくような氷の世界の中で餌探しを始めています。
ツグミの小群が霧氷のびっしり付いた木の中へやって来ました。僅かに残っている木の実を探しているようです。
見るからに寒そうなツグミ達、彼らの健気に、懸命に生きる姿が眩しく感じられました。
b0076870_1141393.jpg
b0076870_1143447.jpg
b0076870_115941.jpg
b0076870_1153155.jpg

by coraltree-37-11 | 2009-01-11 02:00

ツグミ

冬鳥の代表、ツグミ。
冬の間、どこへ行ってもツグミを見ない日はないほどでした。
庭のフィーダーにもやって来て、それはそれは慎み深く、他の鳥さんが去るのを待って、
さっと餌を取る姿は微笑ましかったです。
ある時はヒヨドリに追い立てられ、ツグミって見かけによらず弱虫なんだと思ったものです。
いつも身近に、どこにでも現れてくれるツグミ、
地面で餌を啄ばみながら、飛び跳ねるように前進し、胸を反らせたポーズで立ち止まるツグミ、
冬の景色にぴったり溶け込んでいました。

春のある日、強い南風に追い立てられるようにツグミは鳴き交わしながら北に帰っていくのだそうです。
繁殖地のシベリアやカムチャッカ目指して、大海原を渡って行くのです。

海辺で遠くを見つめるツグミと出会いました。
岩場で、囀るツグミと出会いました。
日本国内ではほとんど囀る様子が見られない生態から、口をつぐむの意で「ツグミ」と呼ばれるようになったそうです。確かに囀りを聴いたことはありませんでした。
別の場所からもツグミの囀りが聞こえています。

その直後、ツグミは飛び立っていきました。
向こうの木からも飛び立っていきました。
いよいよ、渡りの開始でしょうか、その瞬間に立ち会えたのでしょうか・・・
これほどツグミが愛おしく感じたのは初めてでした

b0076870_123467.jpg
b0076870_1241268.jpg
b0076870_1243768.jpg
b0076870_125050.jpg
b0076870_1252523.jpg

by coraltree-37-11 | 2008-05-19 12:43

サクラ と 鳥さん

桜もそろそろ終盤、  今年は開花後、花冷えの日が続いたため長く鑑賞でき、ちょっと得した気分でした。
      2008・春・サクラ満開
b0076870_1835036.jpg
       

          ツグミ
b0076870_17391428.jpg

b0076870_183359100.jpg

          ヒヨドリ
b0076870_17425585.jpg
b0076870_17432230.jpg


          メジロ
b0076870_1749174.jpg


b0076870_18385247.jpg

           カワラヒワ
b0076870_17593270.jpg
b0076870_1802014.jpg

by coraltree-37-11 | 2008-04-06 18:42

ツグミ達 (ツグミ・ハチジョウツグミ・トラツグミ)

ツグミスズメ目ツグミ科 全長24cm 冬鳥
お馴染みツグミのツグミン、私には冬鳥というとまずツグミです。
どこへ行ってもたいていツグミに出会わないことはありませんし、我が家の冬の間のフィーダーにも時々訪れてくれます。胸をそらして背筋を伸ばした姿勢で地上にいる姿がとても可愛いです。
今日、梅園散歩した時、梅の木にいるツグミを見つけました。
b0076870_3321115.jpg
b0076870_3324315.jpg
b0076870_333816.jpg

b0076870_491995.jpg

冬の枯れ野で出会ったツグミ(1月)
b0076870_84336100.jpg


ハチジョウツグミスズメ目ツグミ科 全長24cm 冬鳥
S県K市の公園を訪れた時、そこにハチジョウツグミが来ていると聞き偶然出会うことが出来ました。これも短時間の出会いでした。
時折姿を現すと、ヒヨドリに追いやられていました。同じくらいの体の大きさなのに、ツグミは弱虫?のようです。
希少種ということで多くのカメラマンが集まっていましたが、私にはツグミの方が綺麗な鳥のように感じました。
b0076870_3211696.jpg

b0076870_322277.jpg

b0076870_322622.jpg

b0076870_323153.jpg
b0076870_3235786.jpg


トラツグミスズメ目ツグミ科 全長29cm 留鳥
僅かに黄色味を感じるうろこ模様が虎の様なんですね、それでトラツグミ。
平安時代から妖怪ヌエとして恐れられていたようですが、夜中に森の中で鳴くためなのでしょうか、一度その鳴き声きいてみたいものです。
2月の雪の日以来、Y県K市内の公園で見られるようになったトラツグミですが、私はその公園で一度しか見ていません、それもほんの僅かの間・・・
トラツグミとは初めての出会いでした。突然茂みから姿を現し、すぐ消えて行ってしまいました。
b0076870_243295.jpg
b0076870_2432824.jpg
b0076870_2435389.jpg

これは上のとは違うトラツグミ、今日梅園を散歩していたら、目の前に突然現れたトラツグミ、これまたすぐ消えて行ってしまいました。
b0076870_2442918.jpg

by coraltree-37-11 | 2008-03-05 23:59

ツグミ

冬の間中、どこへ行ってもツグミ君と出会うことが多かった。
冬枯れの田んぼや畑で、川原や湖畔の繁みの中で、公園の草地で地面で歩きながら採餌していたり、又時には木の上で休んでいたり。
いつ出会ってもツグミはとても愛らしい鳥、目元が可愛い。

最近、忙しくて撮影に出る機会がなかったけれど、ほんの少し出来た時間、いつもの公園に寄ってみた。もう夕方近く、今日は駄目だろうと諦めていたら、ツグミが2羽いて、遊んでもらった。不思議と近寄っても逃げない、うす暗くなりかけの時間、鳥目って聞くけれど私の事良く見えないのだろうか・・・
b0076870_0203236.jpg


ツグミ(スズメ目ツグミ科)シベリア東部からカムチャッカ半島で繁殖し、日本には冬鳥として飛来する。
ツグミという名は、口を"噤(つぐ)む"に由来しているとのことですが、これには、渡来直後は静かにしているのでとか、渡去の直前から急に静かになるからとか、いくつかの説があるようです。        
b0076870_081986.jpg



かつては食用として食べられていたとか、そういえば子供の頃、ツグミは美味しいという話を聞いた覚えがあります。
b0076870_051619.jpg


そろそろ、春、いつまで日本にいるのでしょう、強い南風においたてられるようにツグミが鳴き交わしながら北に帰っていく日もそう遠くないのでしょうね。
b0076870_072981.jpg

by coraltree-37-11 | 2007-03-25 01:16