タグ:コクマルガラス ( 1 ) タグの人気記事

ミヤマガラスとコクマルガラス

撮影の帰りにミヤマガラスやコクマルガラスが渡来しているというフィールドへ寄ってみました。すでに午後3時近くだったので、ちょっと偵察のつもりでした。
田圃で採餌しているカラスの群れを見つけるも車を近付けただけで飛び去り、広大な田園地帯を数百羽程の大群で移動する群れをただ見送るばかりで、諦めて帰路につきました。
帰り道で、電線に留るカラスの群れに出会い、やはり車を寄せただけで飛び去っていきましたが、1羽だけネズミのような餌を夢中で食べていて、飛んでいきません。ミヤマガラスでした。
よく見かけるハシブトガラス(57cm)やハシボソガラス(50cm)より小さくて、愛嬌のある顔に見えました。

ミヤマガラス スズメ目カラス科 全長47cm 冬鳥 嘴の基部が肌色っぽいのが分かります。

b0076870_2324788.jpg


b0076870_23242023.jpg




ミヤマガラスを見ていると、さらに小さいカラスがやって来ました。後頭から胸、腹にかけて白いコクマルガラスでした。

コクマルガラス スズメ目カラス科 全長33cm 冬鳥  カラス類では最小

b0076870_23243516.jpg


b0076870_23244855.jpg


b0076870_2325210.jpg



午後3時過ぎと時間も遅く、暗くなりだした時だったので、不本意な写真ですが、出会えただけでも良しかな・・・
又、機会があれば、今度は明るい時間帯に出会いたいと思いました。
by coraltree-37-11 | 2011-11-27 23:22