タグ:オオタカ ( 16 ) タグの人気記事

河川敷をお散歩

今季は庭にフィ-ダーを出していないのに、生け垣のサザンカが咲きだすと、メジロやヒヨドリ、たまにジョウビタキやモズがやってきて目を楽しませてくれます。寒波の襲来とかで寒さが続くと、炬燵に入りながらのバードウォッチングでいいか~と出不精になりがちです(^_^;)
こんなに寒いのに、庭のハナミズキやヤマボウシの花芽は知らず知らずに膨らみを増し、枯れ木も若葉を育む準備を進めているのに気付きます。冬枯れの景色の中にも春の準備が確実に進められている、自然の営みって、感動ですね。 人も斯くありたい! 冬を凌ぎつつも春の希望を忘れずに生きていきたいものです。


さーて、この日は、あまり時間がないので、買い物がてら、近くの川沿いの土手を散歩しました。出会った猛禽はノスリとオオタカ、そしてトビでした。



     風の強い日、ノスリが風に煽られてか、空中の一点に停止して、高見から獲物探していました。まるで凧のよう、青空にノスリの白がとてもきれいでした。
b0076870_920487.jpg


     何かを見つけたのか急降下、川原を低く一直線に飛翔、私の目の前を横切って行きました。
b0076870_10354532.jpg


b0076870_10361059.jpg


b0076870_10364128.jpg


     狩りは失敗だったようです、枯れ木に留っての獲物探しに変更のようです。生きるって大変ですねぇ~
b0076870_1037415.jpg



     川原にはオオタカも風を避けて、枯れ木に潜んで、獲物を物色中でした。
b0076870_1355198.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-01-17 23:00

オオタカ

オオタカの幼鳥、行動範囲が広がり、もう会えないだろうと思っていたのに、又再会出来ました。
バサバサッと音がして、近くに飛んで来てくれたのですが、枝が被るので、ブッシュの中に入って撮影していたら、ブーンと大きなスズメバチが1匹、怖くなってその場を離れました(^_^;)
オオタカさん、逞しくなってきたような・・・ もう自立したのかな・・・
生きる事は食べる事、頑張って狩りが成功しますように!


b0076870_972565.jpg


b0076870_974550.jpg


b0076870_98686.jpg


b0076870_982465.jpg


b0076870_984939.jpg


b0076870_991021.jpg


b0076870_993363.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-08-06 18:00

オオタカ

出会いは、眩しいオオタカばかりです。日頃の行いが悪いカナ・・・?
だんだん探し難くなっていきます。でも出会えたから良しです。


b0076870_8564548.jpg


b0076870_8562033.jpg


b0076870_85753.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-31 09:35

オオタカ

巣立ったオオタカ幼鳥の成長は凄まじい速さです。巣から落下するように見えた飛翔?も翌日には達者に木から木へと移動していました。それでなければ厳しい自然界を生き延びて行く事はできないのでしょうね。
まだまだ巣を中心にした行動のようで、行動範囲は狭いようですが、それでも広い森の中を縦横無尽に飛翔するオオタカ幼鳥、その姿を確認するのは日に日に難しくなっていきます。

時々低い枝に下りてきては狩りの練習の様で、たまたま、近くにやってきてくれたのは嬉しいことでしたが、太陽→オオタカ→私がほぼ一直線、眩しくて、眩しくて・・・


b0076870_94139.jpg


b0076870_941783.jpg


b0076870_943763.jpg


b0076870_945743.jpg


b0076870_951629.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-22 18:00

オオタカ  Ⅱ

生活続きです。
飛び立ったと思った途端、幼鳥は十数メートルの高さから落下していきました。まだ上手く飛べないのでしょう、バサ、バサ、バサッと音を立てて落ちた先は、林縁の樹木がちょっと邪魔してはいるものの私のほぼ目の前でした。
あまりにも近過ぎるので少し下がって、木蔭から撮影させてもらいました。
幼鳥とはいえ、眼光鋭く凛々しい若武者ぶり、惚れ惚れとして見つめました。
幼鳥は不安げにキーキーと鳴いたり、辺りをキョロキョロしたり、枝の上を少し移動するだけで、その場から離れられない様子でした。しばらく膠着状態が続き、やがて再び飛び立った先は森の奥の地面のようでした。
私は、巣のある高い枝に戻れるのだろうかと心配しながら帰路につきました。



     まだ所々に白い産毛が残っています。フレッシュな幼羽は艶々で綺麗でした。この幼羽は2年目の初夏から夏に換羽し、秋には胸の縦斑が消えて横斑になるということです。
b0076870_17173867.jpg


b0076870_17175535.jpg


b0076870_17181140.jpg


b0076870_17183259.jpg


b0076870_17185073.jpg


b0076870_171997.jpg


b0076870_17192790.jpg


b0076870_17202431.jpg


b0076870_17195368.jpg



落ちてしまったオオタカ幼鳥の事が気にかかって、翌日、様子を見に行くと、高所の巣の傍の枝に戻っていて、一安心でした。そしてもう一つ驚いた事は、幼鳥が3羽いたことでした。前日は1羽はどこか飛び回っていたのでしょう、3羽生まれても成長に少しづつ差があるようですね。
そしてこの日は前日とは見違えるほど、3羽の幼鳥が森の中を縦横無尽の飛びまわっていた事にも驚かされました。成長速度は甚だしいです。餌を自力で捕ろうとチャレンジを開始、でもそう簡単にはいかず、悪戦苦闘、可愛い勇者振りも見せてくれました。それぞれが自由に飛び回りながらも時折3羽が集結してキーキー、まだまだ親鳥に餌をねだって鳴いているように見えました。
b0076870_188559.jpg

この日は飛びまわる幼鳥さんを追いかけて、私も又悪戦苦闘、森の中を駆け回り汗だくでした。私も飛びたかったです(^_^;)    その様子はまた後日ということで・・・
by coraltree-37-11 | 2013-07-14 18:00

オオタカ  Ⅰ

久しぶりの森へ行くと、キーキーという猛禽の声が響き渡っていました。辺りを探すと高い木の上の枝に猛禽の姿、双眼鏡で確認するとオオタカの幼鳥でした。よく見ると、すぐ下に巣があり、幼鳥がもう1羽いました。
この森でオオタカの姿を何度か目にした事がありますが、こんな所で営巣していたとは・・・!


     巣立ったばかりのようです。親鳥に餌を催促してか、キーキーと大きな声で鳴いていました。
b0076870_11524211.jpg


b0076870_1152566.jpg



     親鳥は幼鳥の自立を促すためか、殆ど姿を現しません。私が見ている限り、餌渡しは、この1回だけしか見られませんでした。
     それも目にも溜まらぬ早業で餌を巣に放り込んで、ほんの数秒枝に留って行ってしまいました。

b0076870_1153194.jpg


     右端がお父さん、小さな小さな餌だったようで、枝に留っていた子はありつけなかったようです。
b0076870_115344100.jpg



     枝に留っていた子は食べられなかったので、怒っているようです。
b0076870_1154340.jpg


b0076870_1154201.jpg


     待っても待っても親鳥は来ません・・・お腹空いたよ~~~
b0076870_11543769.jpg


     巣にいた子も枝に移って来ました。
b0076870_11545827.jpg


b0076870_11551640.jpg


b0076870_11553581.jpg



待っても待っても親鳥が来ないので、左の子が意を決して?飛び立ちましたが・・・(続く)
by coraltree-37-11 | 2013-07-13 18:00

オオタカ

いよいよ4月、新年度のスタートです。我が家でも末の娘が新社会人、長男が転勤、と何かと変化のある春を迎えました。色々あるのが人生、それでも健康に恵まれて元気であれば、何とかなると楽観的に考えて、溌剌と生きていってほしいと、それだけを願う母であります。

鳥さんの世界も厳しい冬を乗り越え、新しい命を育む春を迎え、その様子を垣間見させてもらう事で私も元気を分けてもらえています。

杉林の中でオオタカが巣材集めをしていました。
地面に下りては杉の枝を拾い、口に咥えたり、あるいは足で掴んだりして、巣へ運び、巣作りに精を出していました。細い枝が必要な時には杉の木の枝に留り嘴で折り取って運びます。
ある調査によるとオオタカの巣に使われている枝の数は1000本くらいとの事、オオタカ、頑張りますね。
観察していると、巣材集めは雄ばかりのようで、雌はどこかに潜んで(なかなか見えない)、時折、雄を呼ぶ奇声をあげて交尾を求めているように見えました。雌には産卵、抱卵と言う大役を控えているので、役割分担と言うところでしょうか、それにしても雄は働き者でした。



b0076870_10544764.jpg


b0076870_105587.jpg


b0076870_10553015.jpg


b0076870_10555044.jpg


b0076870_1056827.jpg


b0076870_10562731.jpg


b0076870_1056448.jpg


b0076870_1057032.jpg


     足で枝を掴むことも
b0076870_10571719.jpg


b0076870_10573458.jpg


     暗い林の中なので、飛び出しはほぼ全滅、かろうじてこれだけ(^_^;)
b0076870_105807.jpg


b0076870_10582030.jpg

by coraltree-37-11 | 2012-04-01 17:00

オオタカ

タカ目タカ科 全長♂50cm ♀58cm 留鳥

オオタカ、繁殖の季節です。
高い杉の木の上にオオタカが留っていました。下の方に雌がいるようです。雌が大きな声を張り上げて、雄を呼んでいました。
巣作り、交尾と同時進行で繁殖行動の始まりです。これから抱卵、子育てとオオタカご夫妻、繁忙期に入りますね。可愛い2世誕生と子供たちの無事な巣立ちを願ってやみません。


b0076870_18152792.jpg


     雄が雌の横に飛んでいきました、お隣にいる雌は恥ずかしいのか枝に隠れて、顔を見せてくれません(;_;
b0076870_18155229.jpg


     雄は雌の方を見て、
b0076870_18161460.jpg


     キーキーと鳴き交わすと
b0076870_18163570.jpg


     素早く、雌の上に行きました。
b0076870_18165616.jpg


     見えるのは下の雌の顔と枝の間から雄の目だけ(分かりますか…?)、羽をばたつかせ、更に大きな声で鳴き交わしていました。(*^^)v
b0076870_18171722.jpg


     この場所で3回交尾した後、雄は雌を置いて飛び去りました。
b0076870_18173457.jpg


b0076870_1817511.jpg


     雄の飛んで行った先は杉林の中、一休みでしょうか、お疲れのようでした。
b0076870_18181723.jpg


b0076870_18183355.jpg


b0076870_18185092.jpg

by coraltree-37-11 | 2012-03-27 18:42

オオタカ Ⅱ

オオタカの狩りは失敗だったようです。見失ったオオタカが遠くの木に留っているのを見つけました。
車では行けないところです。オオタカにはひとっ飛びの距離ですが、私は、飛び立たない事を祈りながら、テコテコと歩いて近くまで行きました。(*_*;
鳥は良いなぁ~ 大空を滑空するタカは良いなぁ~ 気持ちよいだろうなぁ~



①     いました、いましたオオタカ! 遠くの木にポチっと見えました。分かりますか?
b0076870_2374459.jpg


②     土手の草道を歩いて行くと、今度は見易い所に留っていてくれました。
b0076870_2383491.jpg


③     獲物を探して、辺りをキョロキョロ、タカの視細胞は150万個(人間の8倍)、1KM以上先の獲物を見つける事が出来るのです。羨ましい・・・!
b0076870_2385594.jpg


b0076870_2391477.jpg


⑤     見られた! 目が合いました。
b0076870_2392979.jpg


b0076870_2395265.jpg


b0076870_23104140.jpg


⑧     この枝にも滞在1時間以上やっと飛び出しましたが・・・
b0076870_2311257.jpg


⑨     この後はオオタカのお尻ばかり・・・
b0076870_23112543.jpg


⑩     遠くで旋回してこっちを向いた時にはこんな小さくなっていました。(;_:)
b0076870_2320378.jpg


又、テコテコ歩いて車まで戻りましたが、気がつくと私の膝から下、靴紐まで、ヒッツキムシで針坊主のようでした。子供の頃、空き地の原っぱで遊んで家に戻ると、セータやズボンにヒッツキムシが一杯、母を困らせたことを思い出しながら、1本1本取りました。本当に大変でした。

ノビタキですが、12月8日まだ同じ場所にいました。心なしか、寂しげに見えました。心配です。
by coraltree-37-11 | 2011-12-09 00:05

オオタカ Ⅰ

タカ目タカ科 全長 ♂50cm ♀58cm 留鳥
笛吹川の河畔でオオタカに出会いました。川沿いを上流の方から飛んできたオオタカ、日の光に翼が白く輝いて綺麗だなぁ~としばし見惚れて、車からカメラを取り出すのが遅れて、カメラをを向けた時には遠く高くへ行ってしまいました(^_^;) それでも南アの雪山を背景に1枚。
とその時、私の正面の木にオオタカを発見、黄色の目がキラッと輝きました。はじめ、オオタカは小枝の混んだ所にいて、よく見えません、しばらく待つと、少しは見易い場所に移動してくれました。
飛び出すまでは見届けようと待つこと1時間、川原の葦原の方へ急降下して去っていきました。



①     南アの雪山を背景に飛ぶオオタカ
b0076870_22284990.jpg


②     これでも見通しの良い場所へ移動してくれたオオタカ、こうした所に身を隠し、獲物を探しているのでしょう。
b0076870_2229153.jpg


b0076870_22294080.jpg


④     待つこと1時間、やっと動き始めました。
b0076870_2230614.jpg


⑤     飛び出して、急降下
b0076870_22303178.jpg


⑥川原の葦原に飛びこみました。白サギと小鳥が2羽飛び立つのが遠くで見えました。(画像真ん中くらいにオオタカの後ろ姿が、小さいですね。)
b0076870_22305086.jpg


オオタカはもう見えなくなって、帰ろうとすると・・・  「オオタカⅡ」に続く。
by coraltree-37-11 | 2011-12-08 23:05