タグ:オオジュリン ( 4 ) タグの人気記事

オオジュリン

10日程前、お散歩道で新顔発見、川原にはいつもホオジロ、ツグミ、カワラヒワ、カシラダカ、メジロ、ガビチョウなどが常連さん、葦の中で見え隠れしています。
私がそれまで気付かなかったのかもしれないけれど、オオジュリンが姿を見せてくれました。



     カシラダカかと思ったらオオジュリン、山梨ではあまり見ない?なぁ・・・(たまに見るけれど)
b0076870_21332466.jpg


b0076870_21333952.jpg


b0076870_21335345.jpg


b0076870_2134442.jpg


     ノドグロさん
b0076870_2135697.jpg



     もうこんなに黒くなったオオジュリンも
b0076870_21351964.jpg


b0076870_21353451.jpg


b0076870_21354799.jpg


b0076870_2136664.jpg


b0076870_21361814.jpg


b0076870_21363392.jpg


b0076870_21365284.jpg


b0076870_21371056.jpg

by coraltree-37-11 | 2012-03-17 12:55

オオジュリン

葦の茂みで、ゴソゴソ…ガサガサ…  何かいるのは分かったのですが、なかなか顔を見せてくれない恥ずかしがり屋さんでした。 他の鳥に夢中になっていて忘れた頃、目の前に顔を出してくれたのはオオジュリンでした。
2羽の番で行動していました。 忙しそうに 葦の下から上へ、又別の葦に飛び移って、下から上へと餌探しです。嘴で葦の茎の皮を剥がして中にいる虫を見つけだしているようです。
北海道や北の方で繁殖し、越冬するためにオオジュリンは帰って来たのでしょうね、1年ぶりの出会いでした。



b0076870_1626430.jpg


b0076870_16262163.jpg


b0076870_16263618.jpg


b0076870_1626498.jpg


b0076870_1627773.jpg


b0076870_16272170.jpg


b0076870_16273664.jpg


b0076870_1627527.jpg


b0076870_1628756.jpg


b0076870_16282254.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-21 16:53

コジュリン・オオジュリン・ホオジロ

教えて下さい!
撮影日  09・11・08
撮影地  山梨県中央市(甲府市郊外)の田圃
数羽の群れで、稲穂の上に留まることが多かったです。スズメ脅しのドーンという音に驚いて、飛び立ち、上空を群れで旋回した後、又稲穂の上に留まることを繰り返していました。同時に見られたセッカは、スズメ脅しが鳴っても動じることはありませんでした。スズメ以外の他の鳥、ムクドリやセキレイなどもこの音には無頓着です。ですから、この群れはこの地(スズメ脅し)に慣れていない新顔さんかなという印象を持ちました。
①,②が初めて、遠くで捉えた姿で、始めはオオジュリン??という印象を持ちましたが、近くに留まった③~⑨は足も肉色、頭央線もあるので、コジュリン冬羽??かとも思ったのですが、山梨にコジュリンって聞いたこともないですし・・・どうなんでしょう・・・ ③~⑥と⑦~⑨は別個体です。
ホオジロ♀でしょうか・・・可能性が高いような気もしますが、でもホオジロ雌とは印象が違うように感じました。それに、ホオジロが♀だけの数羽の群れを作るのでしょうか・・・

⑩~⑪は、翌日確認のため、同所に再度行った時に、田圃の傍のセイタカアワダチソウに留まったホオジロ雌です。 稲穂の上にも、ホオジロ雌を1羽見つけたのですが、群れてはいないようでした。その時はもう、群は見られませんでした。
どうぞご意見をお聞かせくださいませ。<(_ _)>


☆上記記事に関して、沢山のご意見を頂戴し、ありがとうございました。詳しい方にお問い合わせいただいたMさん、ありがとうございました。
①~② オオジュリン
③~⑨ コジュリン

だと判別していただきました。

コジュリンは繁殖期の生息地が青森・秋田・茨城・千葉・熊本など局地的に集中しているので、まさか山梨県でコジュリンが見られるとは思いませんでした。
コジュリンの分布域が「本州北・中部(青森県、秋田県、宮城県、新潟県、群馬県、茨城県、千葉県、山梨県、長野県、富山県、静岡県、奈良県、鳥取県)、九州(熊本県)に分布する。」という記載を見つけましたので、冬季コジュリンがいても不思議ではないということになりますね。
コジュリンは夏羽への換羽中の個体や、真っ黒頭の夏羽の個体しか見たことがないので、冬羽のコジュリンを、しかも山梨のフィールドで出会えた事は、感動です。
北海道から本州に越冬にやってきたオオジュリンとも出会えて、嬉しさ倍増です。
ありがとうございました、感謝します。



b0076870_1163714.jpg


b0076870_116533.jpg


b0076870_117896.jpg


b0076870_1182110.jpg


b0076870_118528.jpg


b0076870_1191187.jpg


b0076870_1194217.jpg


b0076870_1110080.jpg


b0076870_11102274.jpg



⑩                 こちらは、ホオジロ雌です。
b0076870_11341030.jpg


b0076870_11343338.jpg



⑫                 遠くにはホオアカも。
b0076870_16541490.jpg

by coraltree-37-11 | 2009-11-13 11:44

オオジュリン

スズメ目ホオジロ科全長16cm
大寿林という和名は、「チュイーン」という鳴き声から来ているのだそうです。
雄は夏羽では頭部が黒くなるのですが、冬羽では雄雌よく似ています。

ヘラサギを見に出掛けた沼で、ヘラサギの姿を追いかけたり、コハクチョウやカモたちの様子に夢中になっていると、背後の葦原からチリチリという鳴き声が聞こえてきました。
振り返るとオオジュリンが忙しげに葦の間を移動しながら、葦の茎をつついていました。

オオジュリンとは2回目の出会いです。前の出会いは湖畔の葦原の湿原を歩いている時、突然目の前に飛び出し、2.3枚シャッターを押しただけであっという間に飛び立っていってしまいました。
この日は2回目のヘラサギ撮影ということもあって、私はオオジュリンに誘われるように岸辺を離れ、葦原の鳥さんと遊ぶ時間を楽しみました。

b0076870_4333235.jpg


ずっとブログをやっていて、moreの使い方にやっと気が付きました。ほんとにとろい私です。ヘヘ(*^_^*)これからは写真の枚数が多い時に使ってみます。

more
by coraltree-37-11 | 2008-02-07 05:08