タグ:イスカ ( 2 ) タグの人気記事

イスカ

森の中の小さなせせらぎでイスカに出会いました。水飲みに下りてきたようです。周囲には針葉樹もなく、まさかこの時期(5月8日)にイスカに会うとは嬉しいハプニングでした。

イスカ(スズメ目アトリ科)はヨーロッパ、アジア、北アメリカの針葉樹林帯に広く分布し、日本には主に冬鳥として渡来しますが、少数、北海道や本州の山地で繁殖するものもあるようです。
そして、イスカの繁殖は異色で、大半の野鳥は繁殖時期が決まっている中、イスカは1年中繁殖できるようです。

ここで出会ったイスカは群れではなく、家族で行動しているようでした。赤い雄と雌?、それに若鳥を2羽連れてていました。



        赤い雄と 左が雌かな?
b0076870_14501448.jpg


b0076870_14503596.jpg


        雄と 左は若鳥        
b0076870_14513031.jpg


        若鳥が2羽います。石と顔が重なって見づらい、大きくすると分かりやすくなるかもです(;_;
b0076870_14505166.jpg


        この雄は 実際見た時にはひときわ目立つ赤に見えましたが、写真ではそうでもない・・・
b0076870_14521375.jpg


b0076870_14523153.jpg


b0076870_14525793.jpg



松ぼっくりをねじり切る互い違いの嘴、本当に印象的です。
イスカを調べていて、この嘴についての面白い豆知識を発見したのでご紹介します。ご存知の方はご容赦を!  「・・・」はコピペです、論文ではないので、取り下げ要求は出ないですよね、ヘヘヘ・・・(>_<)

①「西洋では、イエス・キリストが十字架に貼り付けになったときに、その釘を引き抜こうとした為、このような嘴になったという伝承がある。その為、キリスト教文化圏ではイスカは義人のイメージを付与される。」
なかなか信仰深い鳥なんだぁ~

②「このねじ曲がったくちばしから物事が食い違うことを「イスカの嘴(はし)」という。」
へ~こんな言葉あったのですね、私使ったことないです。さっそく使うなら、私達夫婦の喧嘩はいつも[「イスカの嘴]です。 失礼しました                                                  
by coraltree-37-11 | 2014-05-11 12:00

イスカ

スズメ目アトリ科 全長17cm 主に冬鳥として渡来するが、北海道と本州北・中部の一部では少数が繁殖する。

念願のイスカに出会う事が出来ました。2年余り前、信州との県境付近の高原で、黒点の様にしか見えない遥か遠くのイスカの群れを目にした時から、近くで見たいと思い続けて来たので、嬉しい出会いでした。
松ぼっくりをもぎ取って食べると言う先端がねじ曲がって交差している強靭そうな嘴がとっても印象的で、確りと観察してきました。
あまり可愛いという鳥ではありませんでしたが、雄の赤チンをぶちまけた様な赤さは強烈で、貫録を感じさせる鳥でした。
「キュッ・キュッ・キュッ・キュッ」と澄んだ綺麗な声で鳴いていました。
イスカと出会ったのは昼過ぎ、ちょうど風が強く吹き出して、2度程、数羽の群れで姿を現してくれてから、その後、姿がばったりと見られなくなったのが残念でしたが、警戒心が薄い鳥なのか、動きがのそっとしているせいなのか、意外と近くに来てくれて、よーくお顔を見させていただきました。




     真っ赤雄と幼鳥
b0076870_1830153.jpg


     雌、まだ若いのかな・・・
b0076870_18303282.jpg


b0076870_18304577.jpg


     殆どモノクロームの色合いの雌、頭頂が少しオリーブ色がかっているような・・・
b0076870_1831545.jpg


     まだ若い雄でしょうか、赤が薄いです。
b0076870_18321819.jpg


b0076870_183239100.jpg



b0076870_1833090.jpg


b0076870_18331672.jpg


b0076870_18333181.jpg


b0076870_18334570.jpg


     幼鳥です、孵化した時から嘴が交差しているのではなく、自力で餌を採れるようになってから交差し、曲がり方は、それぞれだそうです。
b0076870_1834724.jpg


    私のすぐ傍に飛び下りてきた幼鳥、私もびっくり、幼鳥もびっくりでしたぁ~ ↑の幼鳥と嘴の交差が逆ですね!
b0076870_18342918.jpg


b0076870_18344354.jpg

by coraltree-37-11 | 2012-04-05 10:00