クロツグミがやって来た!

標高の高い地域ではまだ雪が残っていて、まだまだ冬の気配、でもこれから一機に春が進むのでしょう、平地では終わったサクラや春の花達が、これから本番のなりますから・・・
ツグミやアトリ、カシラダカなどの冬鳥がまだフィールドで見かけられる中、昨日(4月11日)、夏鳥クロツグミに出会いました。一番乗りかな・・・?

腹ペコなのか、枯れ葉を舞い上げながら、夢中で採餌していました。
逆光で眩しくて、どれもボョーとして、上手く撮れませんでしたが(腕の所為でしょうが・・・)、早くも夏鳥の渡来を嬉しく感じました。クロツグミは新緑の緑がお似合いですから、これからが楽しみです。
脇腹に茶色みがあるから雌かな、でも羽色は黒かったのですが、逆光の所為でしょうか、綺麗な囀りも聞こえたので、どこかに雄もいるのでしょう。


b0076870_936229.jpg


b0076870_9362144.jpg


b0076870_9363965.jpg


b0076870_9365550.jpg



     同じ落ち葉の中では、アトリも採餌していました。
b0076870_9374216.jpg



     渓流沿いの森の中では、ミソサザイも綺麗な囀りを聞かせてくれました。
b0076870_938971.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-04-12 09:59

ガビチョウ

1年中大きな美声?を張り上げているガビチョウですが、この時期、その囀りは一層大きく華やいで感じます。
ペアで行動しており、縄張りというものがあるのでしょうね、森の小径を挟んで雄が鳴き合いをしていました。



b0076870_16532184.jpg


b0076870_1653580.jpg


b0076870_16535775.jpg


     ドングリを食べるのでしょうか、大事そうにドングリを咥えていました。
b0076870_8595580.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-04-10 16:55

ルリビタキ

ルリ君を低地で見られるのは もう今季最後かな・・・・・ ポカポカ陽気に誘われてのんびり、まったり日向ぼっこ?していたルリ君。  でも、これからお山に帰って、大忙しになるのでしょうね、美人の奥様と可愛いお子ちゃまに恵まれますように!
近くでポーズしてくれて、ありがとう(*^^)v



b0076870_2193052.jpg



b0076870_2194729.jpg



b0076870_21103579.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-04-06 10:00

レンジャク

大雪以来のご無沙汰してしまいました(__)
気付けば春ですね、あれよあれよという間に、梅が咲き、桜が咲き、冬から春へのスピードの速い事、外に出るだけで気持ちが良いですね。
庭にクリスマスローズが咲きました。あれだけ雪に押し潰され、今年は駄目かと思っていたのに、細い茎がすくっと立ち上がり可憐な花を咲かせました。自然の力には感服します。

3月の末に、家から程近い河川敷沿いの雑木林で、ヒレンジャクとキレンジャクの数羽の群れに出会いました。今季は見られないと諦めていたので、嬉しい出会いでした。でも、十数メートルもあろう高い木の天辺付近ばかり、悪戦苦闘の末、写真にもならず、時間もないので、引き上げました。
まだいるかな・・・?と、今日行って見ると、10日も経っているのに、いました、いました。今日は何とか近くで見る事が出来ました\(~o~)/

サクラやコブシの花、芽吹きの木々の緑が美しく、ツバメが空高く飛び交い、冬にはブッシュに潜っていたアオジが木々の梢に顔を出し、イカルの鈴の音のような声がし・・・・・午前中だけでしたが、今日は本当に気持ちの良い散歩が出来ました。




b0076870_17301218.jpg


b0076870_17303436.jpg



     河川敷のネコヤナギ?の芽?を食べているようでした。ヒヨドリにすぐ追い立てられて、落ち着いて食餌出来ないレンジャクでした。
b0076870_17312048.jpg


b0076870_17305994.jpg


b0076870_1731403.jpg



     ヒーヒーとよく鳴いていました。近いけれど真上でした。
b0076870_17321170.jpg
   
     

b0076870_17323231.jpg



    キレンジャクはいたという事だけで・・・^^;
b0076870_17374057.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-04-02 18:22

イカル

120年振りという積雪114cmを記録した甲府の大雪からやっと道路事情も回復し平静を取り戻した矢先、昨日の雪は、又雪かぁ~と冷や冷やさせられましたが午後から雨に変わりすっかり溶け、安堵しました。
先日、まだ日影には雪が残っている近場の散歩道を歩いてみましたが、大雪で鳥達も避難してしまった?のでしょうか、鳥の声も鳥影も少ないように感じられました。
そんな日に出会ったイカル、群れではなく、ただ1羽でした。すぐに飛び去りました。



b0076870_11331937.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-03-06 11:44

ハヤブサ

猛禽大好きですから、出会いは嬉しいです!
氷の張った湖で、氷の張ってない所に集団でいるカモをハヤブサが狙っているようです。「カモを捕れ!」と願う私は残酷でしょうか・・・ ワクワクドキドキしました。


     氷上のハヤブサ
b0076870_13513270.jpg


     飛び出しました。
b0076870_13515564.jpg


b0076870_13521632.jpg


b0076870_13545137.jpg


     狙いはカモ、一直線で突進!
b0076870_1356431.jpg


     でも狩りはせず(出来ず)」旋回していきました。  残念!
b0076870_13553014.jpg


     上昇して、山へ消えて行きました。
b0076870_13573797.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-02-23 23:00

ミヤマホオジロ ♀

ミヤマホオジロを見つけると、たいてい雌雄一緒の事が多いのだけど、雌だけ、ただ1羽、周りに他の鳥さんもいない、仲間と逸れちゃったのかな?
寂しげな佇まいに心惹かれた・・・



b0076870_123568.jpg


b0076870_12353429.jpg


b0076870_12355046.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-02-20 23:00

タゲリ と チョウゲンボウ

今冬は毎年やって来る田園地帯で、タゲリの群れを見ていません、探していないからかもしれませんが・・・
田圃の道を車で周っていると、タゲリを1羽見つけました。(群れではありません) カメラを向けると、その向こうにチョウゲンボウも見つけました。
2羽のツーショット狙いで車を移動させると、タゲリが飛び立ちましたが、チョウゲンボウはそのまま、土を穿って何かを探しているようでした。
遠いいし、天気も悪いし、腕も悪いし、パッとしない写真です<(_ _)>ペコリ!


b0076870_10202214.jpg


b0076870_10211668.jpg


b0076870_10205130.jpg


b0076870_1021376.jpg


     何か長いもの(ビニールひも?)を持って飛び出しました。
b0076870_1149174.jpg


     その長いものを上空で捨てて(落として?)しまい、私の近くの電柱に留りました。
b0076870_1022156.jpg


     間もなく飛び立ち、遠くへ行ってしまいました。
b0076870_10221784.jpg


b0076870_10251410.jpg


     バイバイ(;_;)/~~~
b0076870_1025342.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-02-18 23:00

島原訪問記 とその後

2月8日の甲府の大雪(積雪41cm)、続いて今回2月14日から15日の大雪では甲府114cm、河口湖では143cmとか・・・観測史上最高でした。

最初の大雪の雪掻きで足腰腕の筋肉痛の止まぬ中、私は未開通の中央高速を避け、「あずさ」で東京へ戻り、長崎の島原の義母の見舞いへ行ってきました。意図したわけではないのに、大雪の合間、交通機関は何の支障もなく往復出来ました。
意識なく病院のベッドに横たわるだけの92歳の義母でしたが、刺激すると薄っすらと開く目に息子(私の夫)との再会の喜びを感じ取っていたように私には映りました。 昨年は何度か、危篤の報で駈けつけましたが、ここ半年は安定した容態が続いています。大家族の長男の嫁として、6人の子を産み育て、苦労も多かったであろう義母の人生の最期の時が安楽である事を祈りつつ、長崎を後にしました。

夫の仕事の都合でⅠ泊だけのとんぼ返りでしたが、長崎空港(大村市)から島原へ向う車中から目にする広大な諫早干拓地、ここでは鳥友さんのブログで見せて頂いたナベコウやアカアシチョウゲンボウなどの猛禽類がいるのだろうなぁ~、会いたいなぁ~と思って通り過ぎました。
長崎在住10年、そしてその後も、何度もこの道を通りながら、鳥を意識しながらこの風景を見つめたのは初めて、いつかゆっくり探鳥しに来たいと思いました。

島原の夫の実家から徒歩2,3分の所に、白土瑚(シラチコ)という雲仙普賢岳の噴火で出来た湧水の絶えない小さな池があります。通りすがりに、ミサゴが水面近くでホバリングしているところを見つけました。
次の瞬間、水面にダイブ、パシャン!と音が聞こえるほど近くに飛びこみました。 隣にいた夫に「ミサゴよ、ミサゴ!水の中に飛び込むわよ!」と興奮気味に叫んだので、夫もばっちりミサゴの狩りを目撃し、鳥に興味のな夫もちょっとばかりエキサイトしていました。
市街地の中にある池にミサゴが来るとは、驚きでした。かつて何度も何度も通った事のあるこの場所でミサゴ、いえ他の猛禽さえ見た事なんてありません。何だか、遠いところを見舞いに来てくれたと喜んだ義母から贈り物のような気がしました。
ミサゴは小さな魚を捕ったようでしたが、すぐに食べ、少し遠くを旋回して又戻ってきました。せめてもの記念に小さなコンデジで記念撮影しました。何とか1枚撮れた(掠った)ような・・・!?
でもこのミサゴは今まで出会ったミサゴの中で一番の思い出になりました。「お義母さん、ありがとう!」

b0076870_1051459.jpg




さーて、東京へ戻って程なく、大雪。 山梨県甲府市の積雪情報が報道される度に心配が募りました。
最終的に114cm、甲府にいる次男に連絡を取ると、深夜に駐車場の屋根の雪下ろしをしたけれど、、後は手の施しようもないとの事でした。
15日に雪が止んで、雪掻きするも、積雪は次男の腰まであり、半日がかりで玄関から道までと家の前の一部がやっと、庭にも積み上げた雪も一杯で雪の捨て場がないとのことでした。
送られてきた写メを見て唖然、これは個人の力では無理じゃないかと思いました。
車社会の山梨、仕事も買い物も車ですが、車も雪深く埋もれ、車庫から出す事も出来ない、いやそれ以上に走る道も雪に埋もれて走れない、大きな道にも車は走っておらず、歩行者天国の様だとは息子の言。
飲食店は休業、コンビニへ行っても品物不足だそうです。難民状態じゃないですか!
手伝いに行きたくても、交通手段はないし、心配を膨らませるだけなのが今の現状です。少しでも早い復旧を祈ることしかできません。
先ほど「15日、山梨県は陸上自衛隊第1師団に災害派遣を要請した」とのニュースを見つけました。どうかよろしくお願いします。


東京のマンションから見た雪景色(2月15日)、甲府の次男はこれを見て、「いいなぁ~東京は・・・」と溜息交じりに言っていました。


     いつもはよく見える新宿の高層ビル群も霞んで見えない
b0076870_115482.jpg


     普段は交通量の多い川越街道(254号線)も車は疎らでノロノロ・・・
b0076870_1153648.jpg


b0076870_116236.jpg



雪の被害を受けた皆様に心からお見舞い申し上げます。そして一日も早く日常を取り戻す事が出来ますようにお祈りいたします。
# by coraltree-37-11 | 2014-02-16 08:02

お散歩道の鳥さん

家の近くのお散歩道で見られる鳥さん、今年はめっきり減ったような・・・
毎年飽きるほど目にするツグミもシメもシロハラも数少ないし、トラツグミ、オオジュリン、マヒワもまだここにはきていないし…寂しいお散歩道です。
どこへ行っても歓迎してくれるのはホオジロばかり、他の鳥さんが少ないからホオジロが目立つのでしょうね。
見慣れた鳥さんとの出会いばかりでも、鳥の声を聞きながらのお散歩を楽しんでいます。



     ジョビ子さん
b0076870_10584934.jpg



     ホオジロ
b0076870_10583539.jpg



     アオジ     夏、木の梢で美声を聞かせてくれるアオジも冬は藪の中、なかなか姿を見せてくれません。
b0076870_1058693.jpg


     色の無い枯野でアオジの黄色がスポットライトのようによく目立って綺麗でした。
b0076870_10574154.jpg


     
     カシラダカ
b0076870_10571458.jpg

# by coraltree-37-11 | 2014-02-13 23:00