<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オカヨシガモ

オカヨシガモ(丘葦鴨) カモ目カモ科 L50cm 冬鳥

どこかで出会っていると思うのですが、オカヨシガモを意識的に観察したのは初めてでした。
カモの仲間は派手な繁殖羽を持つ雄が多い中で、このオカヨシガモは雄雌共にとても地味ですが、雄の羽の模様がシックで美しく魅力的なカモでした。
雨の中の撮影で、暗くて、色も出ないし、鮮明ではないし・・・困りました。又晴天の日に会いに行ってみたいです。



     左が雌、右が雄、雌はマガモの雌に似ていますが、腰付近の翼鏡と呼ばれる部分が白いです。
b0076870_002625.jpg


b0076870_004750.jpg


b0076870_011750.jpg


b0076870_013870.jpg


     雄の翼鏡何とか見えました。
b0076870_02817.jpg


b0076870_023024.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-01-31 09:00

シロハラ

シロハラ、ツグミ、シメ、毎冬どこでも目にする鳥達がとても少ない気がします。私の周りだけかな・・・
シロハラと出会った時も、ずいぶん久しぶりって気がしました。


b0076870_12155034.jpg


b0076870_12162729.jpg


     シジュウカラと一緒に
b0076870_12174180.jpg


b0076870_12175582.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-01-29 09:00

チュウヒ

雪道は緊張します。舗装路ならいいのですが、私のようなものは、狭い林道や農道は倦厭した方が良いようです。特に今年の雪は半端ないように感じます。先日はちょっと痛い失敗をしてしまいましたし・・・
という訳で、雪景色を鑑賞するだけでも気持ちがよいし、鳥さんに出会えればもっといい・・・と高原を走行していた時の事です。
出会うのはトビばかりで、ブッシュでゴソゴソって気配がした時も又トビだろうと気もなく見ていると、車に驚いたのか、飛び立った姿はトビとは違っていました。慌ててカメラを構えた時は空でしたが、チュウヒのようでした。
ここでチュウヒを見るのは初めて、油断大敵ですね!



b0076870_175747.jpg



b0076870_1752223.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-01-20 23:00

河川敷をお散歩

今季は庭にフィ-ダーを出していないのに、生け垣のサザンカが咲きだすと、メジロやヒヨドリ、たまにジョウビタキやモズがやってきて目を楽しませてくれます。寒波の襲来とかで寒さが続くと、炬燵に入りながらのバードウォッチングでいいか~と出不精になりがちです(^_^;)
こんなに寒いのに、庭のハナミズキやヤマボウシの花芽は知らず知らずに膨らみを増し、枯れ木も若葉を育む準備を進めているのに気付きます。冬枯れの景色の中にも春の準備が確実に進められている、自然の営みって、感動ですね。 人も斯くありたい! 冬を凌ぎつつも春の希望を忘れずに生きていきたいものです。


さーて、この日は、あまり時間がないので、買い物がてら、近くの川沿いの土手を散歩しました。出会った猛禽はノスリとオオタカ、そしてトビでした。



     風の強い日、ノスリが風に煽られてか、空中の一点に停止して、高見から獲物探していました。まるで凧のよう、青空にノスリの白がとてもきれいでした。
b0076870_920487.jpg


     何かを見つけたのか急降下、川原を低く一直線に飛翔、私の目の前を横切って行きました。
b0076870_10354532.jpg


b0076870_10361059.jpg


b0076870_10364128.jpg


     狩りは失敗だったようです、枯れ木に留っての獲物探しに変更のようです。生きるって大変ですねぇ~
b0076870_1037415.jpg



     川原にはオオタカも風を避けて、枯れ木に潜んで、獲物を物色中でした。
b0076870_1355198.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-01-17 23:00

モズ

続いて、雪景色の中のモズです。
こんな雪の中では餌探しも大変だろうなぁ~  早贄(はやにえ)沢山つくってあるといいなぁ~  などと思いながら、可愛いモズ君にエールを送りました。


b0076870_944387.jpg



b0076870_9445429.jpg



b0076870_9451548.jpg



b0076870_9453769.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-01-15 23:00

ヒヨドリ

雪の中の鳥って綺麗ですね、ヒヨドリでも・・・
先日の雪の諏訪湖で。



b0076870_9425931.jpg



b0076870_943816.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-01-14 17:55

諏訪湖のグル

クリスマスが近づくと、そろそろ諏訪湖にグルが来る頃だろうかと心待ちになります。でも、今季は遅れているようで、少々心配になってきたところ、12月29日グル渡来のお知らせをいただき、ほっと安堵しました。
グルさん19歳、15年連続の渡来、感激です!

動物園等以外で固有名詞の付いた野鳥って、「グル」くらいじゃないのかな、私には、オオワシに出会うというのとは違う感動をグルに感じます。
私が、初めてグルと出会って6年目の冬、いつまでも元気でいてほしいものです。


 

    1月8~9日は雪だったようで、雪化粧した諏訪湖がとても綺麗でした。(1月10日撮影) 湖もだいぶ凍って来ました。氷上のグルを見る日も近そうです。
b0076870_2235579.jpg




     朝から全く動向が分からなかったグルが午後2時半、突然現れ、慌てました。  湖で捕ってきた魚を狙うカラス軍団に取り囲まれていました。
b0076870_21594915.jpg


     ちょっとUターンして近づいてきたかと思いきや
b0076870_220879.jpg


     トビがやってきて、またUターン
b0076870_2202625.jpg


     どんどん離れて行きました。
b0076870_2204483.jpg


 
    大政、小政、大瀬の半五郎、森の石松・・・子分衆達を従えた天下の大親分、清水の次郎長って風格のグル(って古い!)  塒のある谷筋へ消えていきました。
b0076870_2211475.jpg




1月7日に諏訪湖を訪れた時は、昼前に遠くの鉄塔に留ったグルをやっと発見、待つ事4時間余り、午後3時半頃やっと飛び立ったグルは、餌も捕らずに塒へ帰って行きました。(;_;
1月10日、景色が一変して銀世界、しかも快晴、この美しい風景の中でグルを撮りたいと思いましたが、それは叶いませんでした。でも青空にグルを見つけた時には白く輝いて見え、思わず息を飲みました。
写真はトホホでしたが、元気なグルの雄姿を見られて、それだけで、感謝です。又、会いましょう!
by coraltree-37-11 | 2014-01-12 11:42

トモエガモ

お正月は長男一家と次男、長女と久方ぶりに子供達全員集合、賑やかながらも穏やかな新年を過ごしました。
初詣は地元武田神社と諏訪大社へ、子供たちそれぞれの願いが叶いますように! そして皆の健康と無事故を祈願してきました(^^)/
よ~し、今年も...???と思いつつ連日の寒さで重い腰が上がらず、困ったものです(^_^;)

さて新年初の鳥さんはトモエガモです。、巴模様というと雷様の太鼓の模様を思い出します。ゴロゴロ ドン!と今年も気合を入れて頑張りたいものです。



b0076870_057678.jpg


b0076870_0571439.jpg


b0076870_0572223.jpg




b0076870_0573932.jpg


b0076870_0572928.jpg


b0076870_05818.jpg



b0076870_0565890.jpg

by coraltree-37-11 | 2014-01-10 19:16

午年 元旦     

b0076870_12233130.jpg

         

b0076870_1145148.jpg



b0076870_1145411.jpg




子供達も巣立って夫婦二人暮らし、 物忘れや勘違いがめっきり増え、老いぼれ夫婦の漫才のような日々を送っています。
まだまだ・・・ と思ったり、もう…と思ったり、強気と弱気が交錯する年齢となりました。
紆余曲折の人生?の果てに、否が応でも、夫婦で寄り添って生きていくしかないと観念する此の頃です(笑)
ただただ、心穏やかに暮らしていける1年になるように願うのみです。

面白くもない、何の魅力もないこのブログにご訪問いただいた事に心から感謝いたします。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

午年です、何事もウマくいく1年でありますように!
皆様のご多幸を心よりお祈りいたします。
by coraltree-37-11 | 2014-01-01 01:01