<   2013年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ルリビタキ

鳥の写真を撮るようになって、青いルリビタキを初めて見たのは、山中湖の水場でした。もう6年余り前の事になります。
初めて出会う鳥を自分の目で見る時の興奮、喜びってそれはそれは嬉しいものでした。
ルリビタキを見つけるたびに、私は初めての出会いの日を思い出します。

出会う確率の低い珍鳥や日本では見る事の稀な迷い鳥に心惹かれて、普通に見られる鳥さんとの出会いにドキドキ感が年々減少している自分を感じる事も多くなりました。そんな自分に喝!を入れてくれるルリビタキとの出会いでした。
何度出会っても、決して同じ出会いはない、感動とか感謝とかを忘れないでいたいものだと思いました、そうでないと楽しくなくなりますものね。



b0076870_17431847.jpg


b0076870_0301330.jpg


b0076870_173987.jpg


b0076870_0304424.jpg


b0076870_17393465.jpg


b0076870_17395047.jpg


b0076870_0295894.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-12-27 23:00

ハイbリッドカモ

湖岸で見つけた仲睦まじいカモさん、君達は誰?
交雑種のカモさんですね、でも綺麗なカモさんでした。



     左のカモ、カルガモに似てるけれど違う、これもハイブリッド、彼らの子供さん、見てみたい・・・
b0076870_1326396.jpg


b0076870_1327673.jpg


b0076870_1327439.jpg


b0076870_13275492.jpg


b0076870_13282135.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-12-25 23:00

アカゲラ・アオゲラ・コゲラ

最近、何だか鳥さんが少なくなってるって思うのは私だけ?
私の鳥運がないだけだったらよいのだけれど・・・
よく訪ねるフィールドのあちこちで、工事が多い気がする。道路拡幅工事、護岸工事、公園整備とか、
安全上必要なものは仕方ないのだろうけれど、ここに必要なの?って思う工事も結構あるんじゃないかな・・・

さーて、キツツキさん3種、同じ場所で同じ時に出会えました。
今日はクリスマス・イブ、赤い帽子の小さなサンタさん?アカゲラ♂登場、どんなプレゼントを届けてくれるかな?


     アカゲラ(♂)は遠かったけれど、長く遊んでくれました。ありがとね!
b0076870_17393315.jpg



b0076870_17413130.jpg



b0076870_17415970.jpg


     アオゲラ(♂)すぐに飛ばれて、駄目駄目でした~(;_:)
b0076870_17422062.jpg



     コゲラさんは穴掘り作業中でした。
       「ヨイショ!」    
b0076870_063061.jpg


       「ポイ!」
b0076870_065247.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-12-24 23:00

カンムリカイツブリ

カイツブリ目カイツブリ科 全長56cm 冬鳥
日本のカイツブリの中で一番大きなカイツブリ、雌雄同色、北海道では旅鳥、青森県と滋賀県の一部で少数が繁殖。

色々な場所で何度か出会ったカンムリカイツブリだけれど、赤い目がよく分かるように撮れなくて・・・
やっと赤い目が撮れたので、ブログ初登場(^_^;)



b0076870_1045351.jpg


b0076870_10455055.jpg


b0076870_1046778.jpg


b0076870_10492362.jpg


b0076870_10493527.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-12-23 23:00

アナグマ

夜行性のアナグマと運良く日中に出会う事が出来ました。
タヌキ(イヌ科)かと思いましたが、アナグマ(イタチ科)でした。
アナグマはその名の通り地中に穴を掘って棲家にしており、虫、小動物、鳥から果実など何でも食べる雑食で、畑を荒らすので農家の方からは嫌われ者のようです。
可愛い目をしているのに視力は殆どないそうで、そのかわり臭覚と聴覚が発達しているのだそうです。
においがよく嗅げるように、豚さんのような鼻をしているのでしょうかねぇ。
風下にじっと動かずいる限り、気付かずに近寄ってきます。




b0076870_0454936.jpg


b0076870_0455927.jpg


b0076870_0462676.jpg


b0076870_0464085.jpg


b0076870_0465322.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-12-20 23:00

コチョウゲンボウ③

通りがかる度にコチョウゲンボウの姿を目にします。田圃の縁石に留っている事が多いですが、時には電線や柵などに留っています。

夕刻通りすがりに見つけたコチョウゲンボウ、田圃の上を低く飛んでいました。
けたたましい声を上げたハクセキレイが直線的に飛んでいる姿が目に入った途端、それを猛追するコチョウゲンボウの姿を発見、慌てて撮りました。
この写真の前後十枚程は全てピンボケ、私に一番近づいたこれ1枚だけ何とか・・・



b0076870_1145069.jpg




結局、コチョウゲンボウはハクセキレイを追い越して行ってしまったのですが、狙いは他にあったのでしょうか、何だったのでしょう・・・?
by coraltree-37-11 | 2013-12-18 23:00

オシドリ ♂

友人と岡谷へうなぎを食べに行きました。友人の親戚のお店ということで、とても美味しいし、色々サービスして頂いて、恐縮しつつも大満足、大満腹しました。 それに楽しいお話も尽きることなくで、あっと言う間に夕刻が近づいてきました。

諏訪湖をドライブしがてら帰路へつきました。
かねてから湖に可愛いオシドリの若鳥雄が1羽だけ飛来していると知人のブログなどで紹介されていたので、見られたらいいなぁ~と思い、湖畔のカモの沢山いる所へ寄ってみました。
車を降りて、カモ達に目をやると、すぐに、いました、オシドリの若鳥の雌が。沢山のカモ達と行動をともしながら、その可愛さは一段と目を惹きました。
帰宅を急ぐ時間だったので、カメラも手持ちで10分ほどしか撮影できなかったので、また年明けにも寄ってみたいと思いました。

嘴が赤いので雄ではあるのですが、若鳥か、夏羽のエクリプスか、色々調べて見ましたがよく分かりませんが、時期的に若鳥なんでしょうね。(12月3日撮影)
群れから離れてしまって、ここに集まるカモ達を仲間代わりにして越冬しているのでしょうか・・・





b0076870_10122784.jpg


b0076870_1013542.jpg


b0076870_10132163.jpg


b0076870_10133494.jpg


b0076870_1014059.jpg



     比較のため在庫から、オシドリ♂成鳥です。
b0076870_10142077.jpg



     陸にも上がって来ましたが、近過ぎる・・・・・
b0076870_10145391.jpg


b0076870_10151025.jpg


More
by coraltree-37-11 | 2013-12-16 23:00

名残りの秋

家から徒歩10分、ご近所の公園にはまだ名残の秋が・・・

公園の片隅では、縁台将棋に興じる方あれば、日だまりで歓談する方あり、あらまぁ、昼間からワンカップ片手にご機嫌な方も若干名、お元気なお年寄り達の活気ある声が長閑な公園に心地よく響いていました。
子供が小さかった頃は散歩がてらよく遊び来ましたが、最近めっきり外遊びする子供の姿を見かけなくなったのは、寂しい気がしました。
当時は甲府で最後になった紙芝居のおじいさんがよく来て、子供達のちょっとした賑わいを見せていました。今30代以上の甲府っ子達の多くは知っているんじゃなかな・・・
年に一度大きなお祭りがあったり、併設する動物園があったりで特別なイベントの時は賑わうのだけれど、平日の昼間は長閑な公園です。

手持ちのカメラを持ち、昼食後の腹ごなしの散歩、甲府に引っ越してきた頃の事を懐かしみながら、長~い、長~いお久しぶりの訪問でした。
鳥に関して言えばアオバズクが営巣するくらいかな、そうそう特筆すべき鳥はいない所だと思います。
長閑なお年寄り達の様子を少し離れた所から微笑ましく見ていると、頭上でカラさん達の声、カメラを向ける気もなく、しばし眺めていたら、黄色の世界の中で、普段は動きの忙しいメジロとエナガがゆっくりしているようなので、撮らせてもらいました。
公園の秋ももうすぐ終わり、きっとこれが最後の名残秋・・・




b0076870_1351025.jpg




b0076870_1354147.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-12-15 23:00

モズ

秋の賑やかな高鳴きで縄張りを確保、冬を迎えると、忍者のように音無しの構えで鋭い目線を配し獲物を狙います。 食糧の少ない冬を乗り越え、来るべき恋の季節の春を迎えるのです。
モズはそんな事を知ってか、知らずか、ただただ冬のフィールドでハンティングを繰り返していました。そんな姿がとても健気に見えました。
鳥でも人でも冬の時代は厳しいものですね。
誰でも多かれ少なかれ経験する人生の冬、人は思い悩み、呻吟し、時には絶望し、挫折したりと弱いものです。でも、坦々と日々のなすべき事を繰り返していくことで、乗り越えて行けるんだと、「冬は必ず春となる」なんだと、モズを見ていて考えさせられました。



     田圃のモズ
b0076870_10575743.jpg



     高原のモズ     モズの下にハート形の苔? 気にいりましたぁ~
b0076870_10582867.jpg


b0076870_10584733.jpg



     川原のモズ
b0076870_10593412.jpg


b0076870_10595645.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-12-12 23:00

ゴイサギ

ピラカンサスの真っ赤な実のベッドで気持ち良さそうに眠っていたゴイサギ、見つけた時には顔を奥に向けてスヤスヤ、まるで白いタオルでも掛っているようにしか見えませんでした。
夜行性のゴイサギ、昼間は眠っている事が多いとか、諦めかけた時、寝返りでもうつように一瞬だけこちらを向いて目を開けてくれました。そして又白いタオルに戻ってしまいましたぁ~
 
     

b0076870_116162.jpg



     傍にお子様(ホシゴイ)がいました。こちらは活動中でした。
b0076870_1124346.jpg


b0076870_1134531.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-12-10 23:00