<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

オオタカ

出会いは、眩しいオオタカばかりです。日頃の行いが悪いカナ・・・?
だんだん探し難くなっていきます。でも出会えたから良しです。


b0076870_8564548.jpg


b0076870_8562033.jpg


b0076870_85753.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-31 09:35

オオヨシキリ

葦などの上に出てギョギョシ ギョギョシ ギョギョシ・・・と大きな声で囀る夏鳥オオヨシキリは東南アジアなどの熱帯の地域から日本へ渡って来ます。一夫多妻で、強い雄ほど良い場所により広い縄張りを持ち、複数の雌と繁殖するのです。一夫五妻なんて例もあるようです。
雄の縄張り内で、雌は造巣、抱卵、育雛を一手に担うのです。雄はと言えば、ギョシギョシ・・・と鳴き続け縄張りを主張し、侵入者を撃退する事のみです。「のみ」とはいえ 国防軍のような役割は雄にとって大変な事でしょうが、縄張りも確定し、繁殖も始り、雛を育てる頃になると、なんとも雄が哀れに思えるのは私だけでしょうか・・・
雄は時折、惰性で力なく鳴くと言った感じで、葦の上に出る事も少なくなるように思えます。それに比べ、雌は忙しく巣と餌場を往復し、雛への給餌に甲斐甲斐しく働いて、表舞台に登場してきます。

今年はオオヨシキリを撮ってないなぁ~と思い付き、鳥見の帰り道、自宅近くの農耕地を流れる小川の畔の小さな葦原へ寄ってみました。雌が餌運びに忙しくしていました。
道の端に車を止めて車内からの撮影なので、近過ぎて困りましたが、観察していると、私の見ている左手に巣があり、右手に餌場があるようでした。巣のある側から一直線に餌場の方へ飛んで行くので、往きは私の目の前を通過していき、虫を捕っての帰り道は私の目の前に一端留り、そこから体勢を整えて巣の方へ飛んで行きました。
次はどんな虫を捕ってくるのかな、なんて待っているのも楽しいものでした。



     5月に撮影のオオヨシキリ雄
b0076870_15351419.jpg


     子育て中の雌、カマキリを捕って来ました。
b0076870_15323338.jpg


     カマキリ、大きくしてみましたぁ~
b0076870_15324732.jpg


     これは、緑の芋虫です。
b0076870_15331046.jpg


     雄です! ギョシギョシ・ギョシギョシって囀りながら飛び立っていきました。
b0076870_15332527.jpg


     バッタを捕って来ました。
b0076870_15334055.jpg


b0076870_15335719.jpg


     黒い小さな虫でした。
b0076870_15342524.jpg


車の中は窓を開けてるとはいえ、暑い暑い・・・汗だくになってしまって、まだ見ていたかったけれど、帰りました(^_^;)
by coraltree-37-11 | 2013-07-25 18:00

オオタカ

巣立ったオオタカ幼鳥の成長は凄まじい速さです。巣から落下するように見えた飛翔?も翌日には達者に木から木へと移動していました。それでなければ厳しい自然界を生き延びて行く事はできないのでしょうね。
まだまだ巣を中心にした行動のようで、行動範囲は狭いようですが、それでも広い森の中を縦横無尽に飛翔するオオタカ幼鳥、その姿を確認するのは日に日に難しくなっていきます。

時々低い枝に下りてきては狩りの練習の様で、たまたま、近くにやってきてくれたのは嬉しいことでしたが、太陽→オオタカ→私がほぼ一直線、眩しくて、眩しくて・・・


b0076870_94139.jpg


b0076870_941783.jpg


b0076870_943763.jpg


b0076870_945743.jpg


b0076870_951629.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-22 18:00

ビンズイ

いやぁ~、本当に暑い日が続きますね。
三菱のエアコンでお馴染みの涼しい高原の涼風をお届けできれば・・・  先月下旬撮影のビンズイです。



b0076870_17244813.jpg


b0076870_17263896.jpg


b0076870_17273581.jpg


b0076870_1728147.jpg


b0076870_1728265.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-20 09:20

キビタキ

キビタキも子育て終わったのかな・・・? この日出会ったキビ君は何だかのんびりしているように見えました。
そろそろおチビちゃんの顔も見られるかなと思いながら森の中を散策してみました。



b0076870_8155166.jpg


b0076870_8164872.jpg


b0076870_817394.jpg


b0076870_8172480.jpg



     灌木の上に幼鳥が出てきました。巣立ったばかりのようです、可愛い!!
b0076870_831333.jpg


     やっぱり背中はボツボツ君です。右上の葉影にお父さんの姿が。
b0076870_831313.jpg


     お父さんは、幼鳥さんに寄り添うように見守っていました。
b0076870_8183525.jpg


     お母さんも すぐ上の木の枝から見守っていました。 家族っていいなぁ~
b0076870_818560.jpg


 
by coraltree-37-11 | 2013-07-17 18:14

オオタカ  Ⅱ

生活続きです。
飛び立ったと思った途端、幼鳥は十数メートルの高さから落下していきました。まだ上手く飛べないのでしょう、バサ、バサ、バサッと音を立てて落ちた先は、林縁の樹木がちょっと邪魔してはいるものの私のほぼ目の前でした。
あまりにも近過ぎるので少し下がって、木蔭から撮影させてもらいました。
幼鳥とはいえ、眼光鋭く凛々しい若武者ぶり、惚れ惚れとして見つめました。
幼鳥は不安げにキーキーと鳴いたり、辺りをキョロキョロしたり、枝の上を少し移動するだけで、その場から離れられない様子でした。しばらく膠着状態が続き、やがて再び飛び立った先は森の奥の地面のようでした。
私は、巣のある高い枝に戻れるのだろうかと心配しながら帰路につきました。



     まだ所々に白い産毛が残っています。フレッシュな幼羽は艶々で綺麗でした。この幼羽は2年目の初夏から夏に換羽し、秋には胸の縦斑が消えて横斑になるということです。
b0076870_17173867.jpg


b0076870_17175535.jpg


b0076870_17181140.jpg


b0076870_17183259.jpg


b0076870_17185073.jpg


b0076870_171997.jpg


b0076870_17192790.jpg


b0076870_17202431.jpg


b0076870_17195368.jpg



落ちてしまったオオタカ幼鳥の事が気にかかって、翌日、様子を見に行くと、高所の巣の傍の枝に戻っていて、一安心でした。そしてもう一つ驚いた事は、幼鳥が3羽いたことでした。前日は1羽はどこか飛び回っていたのでしょう、3羽生まれても成長に少しづつ差があるようですね。
そしてこの日は前日とは見違えるほど、3羽の幼鳥が森の中を縦横無尽の飛びまわっていた事にも驚かされました。成長速度は甚だしいです。餌を自力で捕ろうとチャレンジを開始、でもそう簡単にはいかず、悪戦苦闘、可愛い勇者振りも見せてくれました。それぞれが自由に飛び回りながらも時折3羽が集結してキーキー、まだまだ親鳥に餌をねだって鳴いているように見えました。
b0076870_188559.jpg

この日は飛びまわる幼鳥さんを追いかけて、私も又悪戦苦闘、森の中を駆け回り汗だくでした。私も飛びたかったです(^_^;)    その様子はまた後日ということで・・・
by coraltree-37-11 | 2013-07-14 18:00

オオタカ  Ⅰ

久しぶりの森へ行くと、キーキーという猛禽の声が響き渡っていました。辺りを探すと高い木の上の枝に猛禽の姿、双眼鏡で確認するとオオタカの幼鳥でした。よく見ると、すぐ下に巣があり、幼鳥がもう1羽いました。
この森でオオタカの姿を何度か目にした事がありますが、こんな所で営巣していたとは・・・!


     巣立ったばかりのようです。親鳥に餌を催促してか、キーキーと大きな声で鳴いていました。
b0076870_11524211.jpg


b0076870_1152566.jpg



     親鳥は幼鳥の自立を促すためか、殆ど姿を現しません。私が見ている限り、餌渡しは、この1回だけしか見られませんでした。
     それも目にも溜まらぬ早業で餌を巣に放り込んで、ほんの数秒枝に留って行ってしまいました。

b0076870_1153194.jpg


     右端がお父さん、小さな小さな餌だったようで、枝に留っていた子はありつけなかったようです。
b0076870_115344100.jpg



     枝に留っていた子は食べられなかったので、怒っているようです。
b0076870_1154340.jpg


b0076870_1154201.jpg


     待っても待っても親鳥は来ません・・・お腹空いたよ~~~
b0076870_11543769.jpg


     巣にいた子も枝に移って来ました。
b0076870_11545827.jpg


b0076870_11551640.jpg


b0076870_11553581.jpg



待っても待っても親鳥が来ないので、左の子が意を決して?飛び立ちましたが・・・(続く)
by coraltree-37-11 | 2013-07-13 18:00

エナガ幼鳥

カラの群れの声がしてカメラを向けるのですが、動きが早いし、高い木の上が多くて、もたもたしている間に移動して行ってしまいました。
群れはエナガとコガラの混群のようでした。もしかしたら、声からヤマガラもいたかもしれません。
十数枚しかシャッターを押せなかったのですが、幼鳥さんは少し動きがおっとりしているようで、何とか撮れたのがエナガの幼鳥でした。可愛いですね、とっても。

この日、林道を走行中、前方に黒猫のようなものがのっそり、近づくとアナグマでした。写真に収めたかったけれど、対向車が来て、ブッシュの中に姿を消してしまい残念、可愛らしく見えたのに・・・



b0076870_23483836.jpg


b0076870_23485251.jpg


b0076870_2349418.jpg


     コガラも撮れてました。あどけなく見えたけれど、大人か子供かどっちかな?
b0076870_23492032.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-11 18:00

コサメビタキ 幼鳥

コサメビタキの幼鳥が数羽高い木の上を飛び交っていました。 時には空中で小競り合い、バタバタと羽音が響きます。 巣立ったばかりとは思えないほど敏捷によく動きます。 人間でいえば2,3歳児くらいでしょうか、ちっともじっとしていませんでした。
天気が良いのは嬉しいのですが、ギラギラ太陽の下では写真もギラギラになってしまって・・・こんな時どうすればよいのでしょう?まだまだ未熟で進歩しないなぁ~と自己嫌悪に嵌ります。


b0076870_18534545.jpg


b0076870_18541393.jpg


b0076870_18544320.jpg


b0076870_1855610.jpg


b0076870_1934335.jpg


b0076870_18563789.jpg


b0076870_1857190.jpg


b0076870_18572239.jpg




梅雨明けと同時に猛暑襲来、悲鳴を上げたい程きついですね。
下の息子から「7,8月くらいは鳥撮り止めときなよ」と言われてしまいました。「人のいない所、携帯の電波も届かない所で熱中症でも起こして倒れたらどうするの?」と。
そんな心配されるような齢?じゃないよと反論しながらも、心配してくれてありがとね、半分がっくり、半分嬉しい私でした。一人っきりにならないような所にしか行かない事を約束させられてしまいました。
皆様もどうぞお体にはくれぐれも気をつけて、楽しいバーダーライフをエンジョイして下さいませね。
by coraltree-37-11 | 2013-07-10 18:00

コサメビタキ

繁殖行動中のコサメビタキは声も出さないし、高い木々の上を移動する事が多くて、小さなコサメビタキの姿を見つけだすのは、なかなか難しかったです。
渡りの中継地での方が見つけやすいと思いました。それだけ繁殖行動中は警戒心が強いのでしょうか・・・
5月中旬頃から6月中に撮り溜めたコサメビタキです。可愛いコサメちゃんもお父さん、お母さんの顔になっているように感じました。



b0076870_11512171.jpg


b0076870_11534766.jpg


b0076870_11531373.jpg


b0076870_11532971.jpg


b0076870_11514860.jpg


b0076870_11482242.jpg


b0076870_11484572.jpg


b0076870_11491055.jpg


b0076870_11493631.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-07-08 22:00