<   2013年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ノビタキ   レンゲツツジの中で

ノビタキ、なかなかレンゲツツジには留りません、ツツジより背の高い枯れた葦にばかり留りますね~
この場所のノビタキはもう雛が巣立って、親鳥に餌をねだってジージー鳴く声でとても賑やかでした。幼鳥は3羽くらいかな、もう自由に飛び回れるのに餌捕りはまだまだ修行が必要なようです。
幼鳥の可愛い姿もレンゲツツジも季節限定、今年も見られて嬉しかったです。

先日は雷様と豪雨で短時間しかカメラ出来なかったので、レンゲツツジの咲いているうちにと 昨日又行ってきたのですが、せっかく早起きして出掛けたのに、お山は深い霧に包まれて、着いて3時間も車で待機、最近お天気に泣かされてます(^_^;)



b0076870_0465023.jpg


     雌かと思えば幼鳥さん 
b0076870_047227.jpg


b0076870_0475254.jpg


b0076870_0481669.jpg


b0076870_1452398.jpg


     「父ちゃん、飯くれ~」幼鳥さんは大きな口を開けて餌をねだります。
b0076870_0512126.jpg


    父ちゃんは高く飛びあがって、飛んでる虫をフライングキャッチ、休む暇なしです。
b0076870_1354546.jpg


     おチビちゃん、虫を口に入れてもらえて良かったね!     
b0076870_050534.jpg


b0076870_0494284.jpg


b0076870_050331.jpg


b0076870_0502358.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-29 18:46

コメント専用  New!

b0076870_11223159.jpg

b0076870_11301616.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-29 11:20 | コメント専用

キジ

花の高原の道を走行中、苔生した岩の上にキジがいるのを見つけました。道端に車を止めて撮影、すぐに岩を滑り下りるように茂みに姿を隠しましたが、その姿が滑稽でした。鳥なら飛べよ!って思いました。


b0076870_101711.jpg


b0076870_1014788.jpg


b0076870_102233.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-28 18:00

コヨシキリ

愚図ついたお天気続き、嫌になっちゃいます。でもやっとできた時間、お天気を気にしつつも花の高原に行ってきました。
レンゲツツジもそろそろ終盤にかかる頃ですが、緑の高原に赤い花の群落は絶景です!
それに、 昨年はまばらにしか見られなかったコバイケイソウが今年は豊作? この清楚な白い花穂が微風に揺らぐ光景は何とも清々しいものです。 足元には小さなコキンバイの黄色の花も、可愛いかったです。
短い夏を謳歌するように次々咲き出した高原の花達、そして鳥達の声、もしかしたら極楽(天国)ってこんな処かなぁ・・・なんて、ふと思い、天に昇った懐かしい人達の笑顔が浮かんできました。ちょっと感傷的な気分になりやすい年頃なんでしょうかね…(^_^;)

この日は午前中は曇り、時々お日様が顔を出してくれたのですが、昼食のおにぎりを食べている頃、ゴロゴロが聞こえ始め、しばらくしてバケツをひっくり返したような雨、後ろ髪を引かれる思いで、高原を後にしました。

ここ何年か訪れるこの花の高原で初めて目にしたのがコヨシキリでした。オオヨシキリの声を上品にしたような声が聞こえてきたので、目を凝らすと、遠くのコバイケイソウの花穂の上で囀るコヨシキリ、嬉しい出会いでした。



b0076870_9374840.jpg


b0076870_9381984.jpg


b0076870_9384945.jpg


b0076870_9392617.jpg


b0076870_940576.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-26 08:08

森の常連さん...コゲラ

コゲラは一番身近なキツツキですね、それだけについカメラを向けること少なくなってしまう・・・
時には遊んでもらいましょう♪




b0076870_10595690.jpg


b0076870_111112.jpg



     ご夫妻で飛んできたコゲラ、こっちは雄、ちらっと赤い毛が見えました。
b0076870_111374.jpg


     同じ木の下には雌、飛び立つときは二人仲良く同じ方へ・・・
b0076870_1115911.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-25 18:00

森の常連さん...アカゲラ

アカゲラも森では1年中会える鳥さん、でも子育て中のアカゲラは形振り構わず餌捕りの日々、忙しそうでカメラを向けるのも憚られそう・・・   ちょこっと撮らせてもらいました^^ 

 


     まだ薄暗いうちに森に到着、アカゲラはもう活動、朝陽がスポットライトの様にアカゲラを照らして・・・
b0076870_950336.jpg


b0076870_9594836.jpg


b0076870_100496.jpg


b0076870_9471427.jpg


b0076870_9481760.jpg


b0076870_9484331.jpg


b0076870_949528.jpg


b0076870_9495223.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-24 18:00

森の可愛い常連さん…コガラとヒガラ

コガラ君、虫捕りに忙しそう、動きが早い、早い・・・
枝から枝へ飛び移り、逆さにななったり、斜めになったり、とても私のカメラワークでは追いつかない、諦めて見ていました。可愛いかったです^^  満腹を知らない育ち盛りのおチビちゃんが待ってるんでしょうね。
1年中、森で迎えてくれる可愛い子、楽しい出会いをありがとう!


b0076870_11344220.jpg


b0076870_1135745.jpg


b0076870_11353117.jpg


b0076870_11354913.jpg


b0076870_11361475.jpg



    「はーい、僕はコガラ君よりちょと小さなヒガラだよ、なかなか虫が捕れないんだよ・・・」
b0076870_11363322.jpg


b0076870_1137485.jpg





遅ればせながら、やっとスマホに替えました。必要もないかと思っていたのだけれど、初めてのスマホ割引とポイントでただ、それならと購入(っていてもただだけど)、とりあえず、電話に出られて、掛けられて、メールの送受信は出来るのだから、これからおいおいなれるとしましょう、当分良いおもちゃが出来ました。
時間が出来ると雨、用事のある日は晴れ、ついてない私です(;_:)
by coraltree-37-11 | 2013-06-23 18:00

ニュウナイスズメ

黒子のないスズメ、ニュウナイスズメ、夏羽の雄です。

b0076870_23224236.jpg


b0076870_2322650.jpg


b0076870_17243096.jpg




b0076870_1645534.jpg富士山 世界文化遺産登録    
      でもなぁ~沸いているのは地元関係者とマスコミだけのような気も・・・それ以上は言うまい^^
by coraltree-37-11 | 2013-06-22 18:13

ヤマガラ

     久しぶりにヤマガラと出会いました。沢山、沢山、遊んでもらえました(*^^)v
b0076870_10174380.jpg


     切株の奥からヨイショ!
b0076870_1018798.jpg


     冬に落ちたドングリをGetしました。
b0076870_10183085.jpg


     ドングリを口に咥えて枝に移りました。嬉しそう~~~
b0076870_1019155.jpg


     ドングリを足で押さえて、私の方を見て 「やらないぞ~」 って言ってましたぁ~?
b0076870_103502.jpg


     又口に咥えて飛び去りました。誰にあげるのかな・・・
b0076870_10362765.jpg


     しばらくして戻ってきたヤマガラ君、すっかり私に懐いてくれたのかな・・・近づいて来てくれました。
b0076870_10192294.jpg


     「なに見てるの? おばさん、暇そうだね」
b0076870_1019436.jpg


     「僕忙しいんだよ!」
b0076870_1020158.jpg


    いつ会っても君は可愛いね、 大好きだよ!
b0076870_10203920.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-21 18:00

アマサギ

アマサギを見ると、♪・・・亜麻色の長い髪を風がやさしくつつむ…♪ と思わず口をついて出るんです。 「亜麻色の髪の乙女」中学生の頃、流行っててよく歌ったものです。あぁ、勿論、島谷 ひとみでじゃなくてヴィレッジ・シンガーズを生で知ってる世代ですよ~
この歌ぴったりの爽やかな5月の風に包まれた頃の田圃での撮影です。

夏羽の橙色の美しい羽毛の色が亜麻色で、アマサギって言うのかと思っていましたが、それは誤りで、アマサギの名前の由来は猩々(しょうじょう)鷺からきているんですって。猩々とは酒好きの想像上の動物、能の演目で有名ですが、日本では猩々は赤面赤毛とされている所から猩々鷺と書いてアマサギと読むんだそうです。
何はともあれ、夏鳥アマサギは田圃に舞い降りた天女のように美しい鳥だと思います。



b0076870_21404662.jpg



b0076870_21402684.jpg



     赤い目、カラフルな嘴、赤い足、婚姻色が出て美しいですね!
b0076870_21414322.jpg

by coraltree-37-11 | 2013-06-20 18:00