<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ホオアカ

ホオアカも綺麗な声で歌っています。高原の初夏、新緑の眩いばかりの輝き、頬を撫でる風の爽やかさ、心洗われます。



     ホオアカ(左)とノビタキ(右)
b0076870_7505280.jpg


b0076870_7513862.jpg


b0076870_23383763.jpg


b0076870_23385564.jpg



長崎の義母、危篤の報が入りました。90歳です。
交通手段がない時間の知らせなので、すぐには駈けつけられず、明日を待って、長崎へ発ちます。
義姉が亡くなって3週間、不幸が続き、気持ちがしんどいです。

ブログはしばらく休ませていただきます。
by coraltree-37-11 | 2012-06-15 23:53

ハマシギ ・ トウネン

ハマシギ : チドリ目シギ科 全長21cm 旅鳥または冬鳥
トウネン : チドリ目シギ科 全長15cm 旅鳥

珍しくはないシギですが、シギチに疎い私でもすぐ分かるハマシギとトウネン、小さな群れで採餌していました。 夏羽は初めて見た様な気がします。綺麗でした~~~


    左2羽がトウネン、お腹の黒い右3羽がハマシギ
b0076870_9442264.jpg


b0076870_94436100.jpg


b0076870_944536.jpg


b0076870_945949.jpg


b0076870_9452552.jpg


b0076870_9453838.jpg


b0076870_9455238.jpg


b0076870_946843.jpg


b0076870_9463662.jpg


b0076870_9465195.jpg

by coraltree-37-11 | 2012-06-14 09:14

クロツグミ

1カ月ぶりに訪れた森はクロツグミの美しい囀りに溢れていました。 思わずうっとり聞き惚れました。
前に来た時には雄同士のバトルを繰り広げる時に奇声を発するくらいで、あまり囀らなかったのですが、今回はクロツグミの美声を堪能させてもらいました。

とてもフレンドリーなクロツグミに出会いました。地面で採餌している時など、ドンドン私に近づいて来て、思わず「ストップ!」って声をかける程、近過ぎて撮れなくなりました。
突然目の前の枝に飛んできて、囀り始めることもありました。撮影場所が狭くて引けずに、不本意なドアップのクロツグミで、フレームアウト、なんていう場面も何回かあり、嬉しい悲鳴でした~(^_^;)




b0076870_7245079.jpg


b0076870_72452.jpg


     地面に下りても囀ります。
b0076870_7252050.jpg


b0076870_7254489.jpg


     近過ぎますよね、でも狭い場所で引けないし、^^;^^;
b0076870_726474.jpg


b0076870_7262557.jpg

by coraltree-37-11 | 2012-06-11 08:29

オオルリ と 幼鳥達

久しぶりの鳥見、オオルリに出会いました。
全く鳴かずに留っていました。見つけてから、一度移動して、私の近くに来てくれました。子育ての休憩時間でしょうか、時々羽繕いをしたりしながら、長い時間をのんびりまったりと過ごしていました。

b0076870_1115472.jpg


b0076870_1121736.jpg


b0076870_1123482.jpg


b0076870_1125045.jpg


b0076870_113796.jpg


b0076870_113355.jpg


b0076870_1135356.jpg



オオルリを見た周辺にいた巣立ち直後の思われる雛鳥ですが、オオルリの雛鳥でしょうか・・・
キビタキの姿も見たので、キビタキでしょうか・・・分かる方、教えて下さい!
b0076870_1144799.jpg


b0076870_1151273.jpg



少し離れた所で見つけた雛ちゃん、こちらはキビタキ???  幼鳥図鑑でもあるといいのですが・・・ 分かりません(^_^;)
b0076870_17101984.jpg


b0076870_17103890.jpg







私ごとですが、義姉が急逝いたしました。前夜電話で話した姉があまりにも急な事で、なかなか気持ちの整理もつかずにおりました。
長崎県島原市出身、6人兄弟の一番上、生涯を看護師としての職務を全うした姉でした。私も結婚前から姉には随分お世話になり、その後もずっと私たち家族の事をいつも心にかけていてくれた恩ある姉でした。
看護師としての仕事に情熱の全てを傾けてきたせいでしょうか、定年後、心身ともに調子を崩し、ついに帰らぬ人となってしまいました。
生涯独身、都内で一人暮らしをしていた姉でしたから、すぐ上の兄と夫と二人で葬儀を執り行いました。職場の同僚や後輩たちが多く参列くださり、生前の姉の人望や人柄をあらためて実感、心ある葬儀を出せたことが何よりと思いました。
ただあまりにも急な事でしたので、葬儀の緊張から解放たれてからというもの、気力が萎えてしまって、無為に時を過ごしてしまいました。これではいけないと、一昨日、十日ぶりにカメラを持って出掛けました。
やはり自然は良いものですね。ヤマフジやミツバツツジが綺麗に咲いていました、鳥の声が、せせらぎの音が、私を慰め、元気をくれた様な気がしました。
まだこれから、納骨やその後の事も色々あり、しばらくはあまり頻繁には鳥見に行けないようですが、それでも時間を見つけては出掛けるようにしたいと思います。それが私の元気の源泉かなぁ~と思うので。
更新も滞るかもしれず、ご迷惑をおかけすることも多々あるかと思いますが、どうぞこれからもよろしくお願いします。
by coraltree-37-11 | 2012-06-09 11:40