<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アカハシハジロ ♀

カモ目カモ科 全長50cm 迷鳥 雌雄異色 夏冬異色
アカハシハジロが山梨県内の湖に飛来しています。 県内では初めての記録か、あるいは、とても珍しいことではないでしょうか!

野鳥写真家・真木広造氏の図鑑によると「まれな冬鳥として渡来し、本州、九州、宮古島などで記録がある。ほとんどが雄の記録で雌は数えるほどしかない。・・・・・ ヨーロッパから中央アジアにかけて繁殖分布する。湖沼、池、河川に生息する。」とあります。
アカハシハジロ(赤嘴羽白)はその名の通り、雄は、嘴が朱赤色。 頭部は明るい赤橙色で頭頂には、黄色味があり、虹彩はホシハジロ雄と同様赤い。雌は全体が灰褐色で、頬は淡い青灰色、その嘴は先端のみが赤色です。

このアカハシハジロ雌は、湖にはお仲間のホシハジロも沢山いましたが、群れずに単独で行動していました。湖畔近くを潜水しながら採餌、近くに寄って来てくれることも多かったのですが、逆光気味で困りました。目が出ないし、羽が光ってしまったり、白トビしたり・・・撮影位置を工夫してみましたが、未熟な私の腕では難しい撮影でしたぁ~^^;



b0076870_11533477.jpg
  

②     水中に潜って採食する潜水ガモで、主に植物を食べる雑食です。
b0076870_11535285.jpg


b0076870_1154847.jpg


b0076870_11542745.jpg


⑤     潜水して水中の水草を採り、嘴に挟んで水面に浮上してから食べていました。
b0076870_1154426.jpg


b0076870_1155267.jpg


⑦     嘴が鋸の歯のように、ギザギザしています、大きくしてみるとどうにか分かると思います。
b0076870_11552323.jpg


⑧     上嘴の先端部が湾曲して、水草を引っかけやすくなっているのでしょうか。
b0076870_11553967.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-01-31 12:23

ベニマシコ

自宅から車で20分、近場のベニマシコです。例年は少しは雪景色になっているのに、今年は日陰になっている道路端に僅かに雪の痕跡があるのみ、日本海側は雪が多いというのに、乾燥続きのこの天気は異常ですね。



①     ベニマシコの声に辺りを探すと、3,4m程の木の天辺に赤い姿が見えました。
b0076870_22553957.jpg


②     雌を呼んでいるのか、盛んに鳴いていました。
b0076870_22555617.jpg


③     雌が登場すると、木の下に下りて草の実を食べ始めました。
b0076870_22561129.jpg


b0076870_2256287.jpg


b0076870_22564577.jpg


b0076870_2257595.jpg


b0076870_22574056.jpg


b0076870_121419.jpg


⑨     雄と雌と同時に出ると、つい雄を追ってしまいます。でも、優しい眼差しの雌、大好きなんです。
b0076870_22581388.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-01-30 01:55

ミコアイサ

レンジャク撮影の待ち時間はミコアイサに遊んでもらっていました。ここの湖でミコアイサを見たのは初めて、雄2羽と雌2羽を確認しました。
少し前に信州の湖で出会った特別に人懐こいミコ太郎はすぐ目の前で撮影出来ましたが、ここの湖のミコアイサは遠いい、遠いい・・・
でも、遠くても点のようでも、ミコアイサ雄の白さはよく目立地ますね、すぐ分かります。



①     遠くで2羽のミコアイサが並んでいました。ミコアイサのいる所から奥は氷が張っています。
b0076870_48015.jpg


②     「よーい、ドン!」2羽は揃って飛び立ちました。ざーと流して見てくださいね^^;
b0076870_481199.jpg
b0076870_482620.jpg
b0076870_484220.jpg
b0076870_48578.jpg
b0076870_494451.jpg
b0076870_495753.jpg
b0076870_410949.jpg



③     頭の茶色が雌です。
b0076870_4105174.jpg



b0076870_411939.jpg



⑤     帰り道、湖畔道路を周ってカモ見物、ミコアイサを見つけました。ボート乗り場の桟橋へ入れてもらって、近づくことが出来ました。
b0076870_4114330.jpg



b0076870_4115948.jpg



b0076870_412183.jpg



b0076870_4123722.jpg



b0076870_413077.jpg



☆    他に、コブハクチョウ、マガモ、カルガモ、オオバン、キンクロハジロ、カワアイサ、ヒドリガモ、ホシハジロ、ホオジロガモなどを見る事が出来ました。今季はコハクチョウも飛来しているとのことでした。
1月28日付の地元紙にも掲載されていましたが、山梨県内の笛吹川や富士川にも数年振りに、コハクチョウが飛来しているとのこと、南下の途中で立ち寄ったのか、このまま越冬するのかは分からないそうですが、定期的なハクチョウ飛来地になってくれると嬉しいのですが・・・
by coraltree-37-11 | 2011-01-29 04:47

ヒレンジャク

毎年楽しみにしているレンジャクが山の湖にやって来ました。今年は例年に比べて少し早いお着きのようです。
今季は昨年暮れに雪の高原でキレンジャクを見られたので、黄・赤のレンジャクを揃って見られて、嬉しいかぎりです。
20~30羽くらいの群れが断続的に湖畔のヤドリギの並木にやって来て、その実を採餌します。喉が渇くと、湖畔に下りたって湖水を飲んでいました。時には、近くの人家の雨樋に溜まった水を飲んだり、工事現場の水道栓から1滴2滴と滴る水滴を水栓にしがみついて飲む姿が見られ、それがとても愛らしく見えました。




b0076870_134590.jpg


b0076870_1344050.jpg


b0076870_13457100.jpg


b0076870_1351680.jpg


b0076870_1353791.jpg


b0076870_135556.jpg


b0076870_1362687.jpg


b0076870_1364611.jpg


b0076870_137280.jpg


b0076870_1371932.jpg


b0076870_1373442.jpg


b0076870_1381383.jpg


b0076870_1382984.jpg


b0076870_138441.jpg


b0076870_138596.jpg


b0076870_1392840.jpg


b0076870_1394750.jpg


b0076870_1310255.jpg


b0076870_13102190.jpg


b0076870_1581273.jpg






          ☆  長々とすみませんでした(__)  沢山見て頂いてありがとうございました。(__)

More: ヒレンジャク面白?画像、よろしかったらクリックしてください。
by coraltree-37-11 | 2011-01-27 13:42

ホオジロガモ

富士山麓の湖でホオジロガモと出会いました。ミコアイサを遠くで見つけたので、近くに来ないかなぁ~と湖畔を探してみたら、ホオジロガモがいるではないですか、雄2羽、雌2羽確認できました。
昨年、諏訪の湖で、かなり遠方で短時間でしたが、初めて見て、白い真ん丸ほっぺが可愛くて、ゆっくり見てみたいと思っていたので、嬉しい出会いとなりました。
雄の緑色の光沢のある黒い頭部の頬にある丸い白班が遠くからでもとても目立って、すぐに分かりました。
褐色の頭部の雌は初見、雄の傍にいるから雌だろうと推測して写真を撮って、自宅に戻ってから図鑑で確認しました^^;
潜水採餌を繰り返しながら、少しづつ近寄って来てくれました。



b0076870_22264871.jpg


b0076870_2227484.jpg


b0076870_22271942.jpg


b0076870_22273326.jpg


b0076870_22275378.jpg


b0076870_22281038.jpg


b0076870_22263174.jpg


b0076870_22261457.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-01-26 22:59

アオゲラ

午後からの鳥見だったので、近場の山を散策しました。着いた時からアオゲラの気配、遠くで鳴き声がしたり、時折ドラミングの音がしたり・・・で、やっと遠くにいるアオゲラを見つけたのですが、逆光でしかも暗い所にいたので真黒、それでも近づいて行くと飛ばれて、飛んだ先を目で追って、又近づくと、又飛ばれ・・・
そんなことの繰り返し、 さーて、もう 諦めてと帰路に付くと、いる、いる、目の前の松の大木に、しかも根元付近、アオゲラ雌は、少しづつ木を登りながら餌を探していました。こんなものなんでしょうね、追えば逃げられる、去ろうとすれば付いてくる、まるで、恋人?みたい・・・^^;
アオゲラさんに翻弄された鳥見でしたが、最後は何とか、めでたし、めでたし・・・アオゲラさんが私に努力賞をくれたのかもしれませんね。




①      やっと姿を現してくれたアオゲラ雌
b0076870_22124038.jpg




②      アオゲラはアリが主食だというけれど、この時期に、樹皮の中に隠れている虫は何でしょう、小さな赤い虫を捕りました。
b0076870_2213182.jpg



③      餌捕りに夢中でした。
b0076870_22131917.jpg



④      分かるでしょうか、長い舌を指し込んで餌を捕っています。
b0076870_22133618.jpg



⑤      又、小さな赤い虫を捕りましたが、これじゃ沢山撮らないとお腹の足しにならなさそうですね。
b0076870_22135120.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-01-24 22:55

コミミズク  Ⅱ


①     土手の草原を低く飛ぶコミミズク
b0076870_16883.jpg



②     時々、土手の棒杭に留りました。
b0076870_162612.jpg



b0076870_164077.jpg



④     大きな奇声を発しているコミミズクを始めて見ました。怒っているように何度も何度も吠えるように鳴いていました。
b0076870_165549.jpg



b0076870_171029.jpg



⑥     飛び立つと一直線に飛んで行った先には
b0076870_172537.jpg



⑦     もう1羽のコミミズクがいました。追いたてているように見えました。     
b0076870_174025.jpg



⑧     そろそろ日没、コミミズクの羽も夕日に赤く染まりました。
b0076870_175643.jpg



b0076870_181580.jpg



b0076870_183771.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-01-23 23:26

ツグミ 

鳥のために少し残すという木守柿にしては沢山の実を付けた残り柿、冬枯れの景色の中でその赤い実がひと際艶やかでした。美味しそうなご馳走を食みに、ツグミやヒヨドリたちが賑やかに集って来ました。



b0076870_0414840.jpg



b0076870_04263.jpg



b0076870_0422138.jpg



b0076870_0464520.jpg



⑤     突然のヒヨドリの喧嘩
b0076870_0431811.jpg



b0076870_0434756.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-01-22 01:10

コミミズク  Ⅰ

最近、多忙なことが重なって、PC作業が滞って、コメントのお返事も遅くなり、本当に申し訳ございません。(__)
それでも、たまに鳥さんは撮影に行くのですが、まるで整理が出来ず、撮りっ放しの状態で、困ったものです。

本日はコミミズクに会いに行ってきました。去年とはまた違うフィールドでのコミミズクとの再会に胸躍る思いがしました。可愛いですね、カッコ良いですね、コミミズクは。
近くも飛んでくれたし、近くに留ってもくれたし、夕方近くから、1時間余りでしたが、エキサイトした時間を過ごすことが出来ました。
沢山撮り過ぎて(ボツ写真も一杯で^^;)、とても全部見切れないので、残りは、また後日ということで・・・


①     コミミズク遠景、後ろの雪山が日光男体山とか…教えて頂きました。
b0076870_23162548.jpg



②     ネズミなどの餌を探して、草原を低く飛んでいます。
b0076870_2314899.jpg



b0076870_23144231.jpg



b0076870_23145810.jpg



b0076870_23151224.jpg



b0076870_23152761.jpg



b0076870_23154550.jpg



b0076870_23155970.jpg



⑨     筍に羽が生えたみたい・・・
b0076870_124241.jpg

by coraltree-37-11 | 2011-01-19 23:13

オオワシ  2011年ーⅡ  ≪氷上のグル≫  

湖に氷が張ると、氷上のオオワシの姿を見られるようになります。
1月5日撮影分ですが、この朝、現地に到着するとオオワシは氷の張った湖の湖面に留っていました。1回目の狩りを終え、捕った魚を氷の上で食べたとのこと、その後日向ぼっこでもしているかのように、1時間を過ぎても氷の上で寛いでいるように見えました。時々羽をバタバタしたり、羽繕いをしていましたが、靴も履いてない足で、冷たそうでしょう・・・
近づけるだけの近さまで行きましたが、かなり遠いいです。対岸からの方が近そうに見えるけれど、対岸からの方がもっと距離があるのだと地元の方が仰っていました。
氷上のオオワシ、そして、カラスに追われての飛び出し、湖を半周して、私のいる場所に少し近づいてくれ、その後山へ、何回か旋回を繰り返し見えなくなりました。



b0076870_11543414.jpg


b0076870_11544482.jpg


b0076870_11545557.jpg


b0076870_1155848.jpg



b0076870_1212675.jpg


b0076870_1214466.jpg


b0076870_1215888.jpg


b0076870_1221229.jpg


b0076870_1222621.jpg



b0076870_1224012.jpg


b0076870_1225410.jpg


b0076870_123934.jpg




b0076870_1233196.jpg


b0076870_1235752.jpg


b0076870_1243964.jpg


b0076870_1245969.jpg



     
            ★  沢山、見て頂いてありがとうございます。(__)
by coraltree-37-11 | 2011-01-15 14:02