<   2010年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ノスリ

お馴染みのノスリです。
↓のコチョウゲンボウを見失った直後、車の行く手を翼を大きくパタパタさせながら低く飛ぶノスリを見つけました。まもなく日没、帰路につこうとしていた時でした。
ノスリは道に面した木に留り、辺りを見回して、夕食タイムの狩りをしようとしているかのようでした。と、間もなく木の真下の枯れ草の中に飛び降り、何かを捕まえて、林の中に飛んで行きましたが
、ちょうど私の真横、木の間から見通せる枝に留り、捕まえた餌を食べ始めました。
狩りをするノスリの精悍な顔、食餌を終えたノスリのとても可愛い顔が印象的な出会いでした。




b0076870_21393020.jpg


②          辺りをキョロキョロ、餌を物色しているようです。
b0076870_21394718.jpg


③          急に真下に飛び降り狩りをしました。
b0076870_2140255.jpg


④          枯れ草と一緒に餌を掴み取り、この枝へ移動して来ました。足でがっしり餌を押さえ込んでいます。
b0076870_21403138.jpg


⑤          食餌中
b0076870_2140497.jpg


b0076870_21411060.jpg


⑦          以下は食後のノスリです。こんな可愛い表情のノスリ、初めて見た気がします。小さい餌のようでしたが、足りたのでしょうか…
b0076870_21414188.jpg


b0076870_2142411.jpg


b0076870_21422289.jpg


b0076870_21424891.jpg


b0076870_2143331.jpg


⑫          bye bye!!
b0076870_21431981.jpg



★今年もあと2日、あまり鳥さんの事ばかりしていたら、家族をくびになりそう…(笑)  年末、年始は少し真面目に母さんと奥さんしようと思います。たぶん今年最後の更新になるかと…
皆様、今年もお世話になりました。先輩の皆様、お仲間の皆様、ご指導、ご教示、ありがとうございました。  どうぞ、良いお年を!!
by coraltree-37-11 | 2010-12-29 22:41

コチョウゲンボウ

コチョウゲンボウ、地元にもいました!
日の落ちるちょっと前、少し暗くなり始めた頃、ふいに目の前に現れたコチョウゲンボウ、車の窓を開けて、カメラを構えている間に飛ばれてしまいました。
飛んで行った先を目で追いましたがかなり遠い、それでも撮影しながら、車で少しづつ距離を詰めて行ったのに、又飛ばれて・・・ついには見えない遠くに行ってしまいましたぁ・・・



b0076870_0384100.jpg



b0076870_133960.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-28 23:51

キレンジャク

思ってもいない所で意外な出会いがあるって嬉しいものですね。
谷の斜面から突き出した松の木に小鳥の群れがやって来て、カワラヒワかなと思って双眼鏡を覗くと、キレンジャクでした。少しづつ距離を詰めて・・・ でも間もなく飛ばれてしまいました。
急いで山道の際まで行って、谷になっている斜面を覗くと、キレンジャクの群れが、沢山ある枯れた灌木の間を飛び交い、実を啄んでいました。
この日は雪、時折風が強くなるとかなり吹雪いて、鳥さんは霞んでしまうし、距離はかなりあるし・・・で、雰囲気くらいしか撮れませんでしたが、厳しい環境の山間で暮らすキレンジャクの生活の一端を垣間見らて感激でした。
しばらく採餌した後、群れで移動して行ってしまい、残念でしたが、これ以上撮影を続けていたら私の指先がかじかんで動かなくなったかもしれません(笑)




b0076870_2232758.jpg



b0076870_374440.jpg



b0076870_2555062.jpg



b0076870_2282260.jpg



b0076870_228422.jpg



b0076870_229033.jpg



b0076870_2291582.jpg



b0076870_229292.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-26 02:58

シメ

今季初のシメとの出会いでした。

b0076870_839247.jpg


b0076870_8393794.jpg


b0076870_8395255.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-22 08:43

オオジュリン

葦の茂みで、ゴソゴソ…ガサガサ…  何かいるのは分かったのですが、なかなか顔を見せてくれない恥ずかしがり屋さんでした。 他の鳥に夢中になっていて忘れた頃、目の前に顔を出してくれたのはオオジュリンでした。
2羽の番で行動していました。 忙しそうに 葦の下から上へ、又別の葦に飛び移って、下から上へと餌探しです。嘴で葦の茎の皮を剥がして中にいる虫を見つけだしているようです。
北海道や北の方で繁殖し、越冬するためにオオジュリンは帰って来たのでしょうね、1年ぶりの出会いでした。



b0076870_1626430.jpg


b0076870_16262163.jpg


b0076870_16263618.jpg


b0076870_1626498.jpg


b0076870_1627773.jpg


b0076870_16272170.jpg


b0076870_16273664.jpg


b0076870_1627527.jpg


b0076870_1628756.jpg


b0076870_16282254.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-21 16:53

サバクビタキ

スズメ目ツグミ科全長15cm
今日は、な、なんとサバクビタキ(雄)に会って来ました。
サバクビタキ属は18種あり、その一部の種が砂漠や半砂漠のようなところで繁殖しているので、この名があるそうです。アフリカ北部から地中海沿岸、アラビア半島、チベットにかけて繁殖分布し、日本ではめったには見られない鳥さん、それを日本で見られて夢のような出会いでした。なんで、どうして、はるばる日本へやって来てしまったのでしょう、日本の冬は寒過ぎるでしょうに・・・
きっと私には、最初で最後の出会いかも・・・サバクビタキ君ありがとう!

広々とした田圃で、枯れ草や田圃の水路に留っては、セキレイのように尾羽を上下に振って、地面の昆虫を捕っていました。そして田圃の枯れた二番穂の上をすれすれに低く、速く飛翔する姿がかっこ良かったです。
図鑑によると「ジュリリリ」と鳴くと書いてありましたけれど、とっても小さな声で、あまり口も開けずに、胸をピクピクってさせて「ピッピッピッ…」と鳴いているように見え、それがとっても可愛いかったです。



b0076870_23191116.jpg


b0076870_23195731.jpg


b0076870_23201394.jpg


b0076870_23203281.jpg


b0076870_23492296.jpg


⑥                    小さな緑の虫を捕まえました。
b0076870_2321899.jpg


b0076870_23212442.jpg


b0076870_23214020.jpg


b0076870_23215340.jpg



ちょっと遠出をする時はまだ心配なのでしょう、今日も運転手さん付きの鳥見でした。
私が撮影中、急に飛び立ったサバクビタキが下りた所は駐車中のうちの車の運転席の真横、運転席にいた夫は1m以内の至近距離でサバクビタキをじっくり観察できたようです。ポケットの中のカメラで撮影、コンデジなのに画面一杯のサバクビタキ、満更でもない様子でした。
by coraltree-37-11 | 2010-12-19 23:43

ベニマシコ

残照の中で出会ったベニマシコ雌、今宵のお宿はどこですか?

b0076870_2210543.jpg


b0076870_22111090.jpg


          もう日は落ちた…おやすみなさ~い!
b0076870_22113010.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-18 22:17

アオサギとカエル

アオサギが大きなカエルを獲りました。冬眠中のカエルを掘り出したのでしょうか・・・
大き過ぎて飲み込めないのか、大漁に酔いしれているのか、カエルを丹念に水で洗っては、獲物を見せびらかせているかのように誇らしげに高く掲げていました。
何度も何度も同じ事を繰り返していたので、カエルをどおするか、私は待ち切れず、アオサギにサヨナラしました。



b0076870_14344274.jpg



b0076870_14345710.jpg


b0076870_14351240.jpg



b0076870_14352579.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-15 14:50

コチョウゲンボウ

小長元坊 タカ目 ハヤブサ科 全長31cm
会いたかった憧れのコチョウゲンボウにやっと、やっと出会うことが出来ました。

〈Ⅰ〉  広い田圃の真中の枯れ木に鳥影が・・・双眼鏡で見るとコチョウゲンボウでした。慌てて車から撮影しました。かなり距離があるので、三脚で撮ろうと車を降りて三脚の準備をしていたら、飛び立たれてしまいました。目で追うと、更に遠く離てれてしまいましたが、藁ボッチの上に留りました。藁ボッチの上の猛禽さんを撮りたいと予てから願っていましたから、やった~と思ったのですが距離があり過ぎました。それで、もう作物を作っていない田圃だから入ってもいいだろうと、田圃の縁伝いに入って2,3歩で飛ばれてしまいました。しばらく待ちました、もう帰って来ませんでした。
雌か幼鳥だったと思います。


b0076870_174384.jpg


b0076870_175644.jpg


b0076870_1745271.jpg



                    憧れの藁ボッチに留ってくれたのですが、距離があり過ぎました。
b0076870_174996.jpg




〈Ⅱ〉   その後、しばらくあちこちの田圃を見て回り、そろそろ帰ろうとしていた頃、最初にコチョウゲンボウと出会った所とは全く別の場所で、又、コチョウゲンボウ(雌)を見つけることが出来ました。たぶん、違う個体だと思います。
ツグミが留っている枯れ木の端にツグミより少し大きな鳥のシルエットが・・・コチョウゲンボウのようでした。車で少し近づいて撮影、又、又三脚を使って撮りたいと車を降りると飛び立たれてしまいました。同じ失敗を2度までも・・・私って知恵がないですよねぇ~。
でも目で追うと、田圃で狩りをしているようで、又戻ってきました。慌てて、カメラ手持ちで飛翔を追いました。何か捕まえて持っていました。私を通り越して、又、元留っていた枯れ枝に戻り、獲物を食べ、食べ終わると、私がちょっと目を離した隙に、遠くへ飛び立ち、もう戻って来ないようでした。


b0076870_1753559.jpg



                    何か獲物を持っているようです。
b0076870_176589.jpg


b0076870_1775931.jpg


b0076870_1781310.jpg



                    獲物は何でしょう? 髭のようなものと足が見えますが・・・
b0076870_1782977.jpg



                    元の枯れ木に戻り、足で獲物を押さえています。
b0076870_1784577.jpg



                    一口食べてはあたりをキョロキョロ、見ているのは私だけなのですが、気になるのでしょうね。
b0076870_179336.jpg




★一日に2度もコチョウゲンボウに出会えて、嬉しい一日でした。この日は夫が休みで、昼近くにドライブに出て、成り行きで私の鳥さん遊びに付き合わせてしまいました。カメラを持ってきて良かったぁ~ 運転手付きの鳥見でありがたかったです。 「止まって!」「もうちょっと先!」「もう少し下がって!」等々、私の勝手に辛抱強く付き合ってくれて、感謝の一日でもありました。
でも彼も趣味の短歌が何首かできたようで、まずまずのご機嫌で助かりましたぁ~
by coraltree-37-11 | 2010-12-13 18:31

ルリビタキ

この冬、やっと会えたルリビタキ、雌かと思いましたが雄の若鳥? どっちだろ・・・


b0076870_20534715.jpg


b0076870_2054522.jpg


b0076870_20542087.jpg


b0076870_20543494.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-12-10 21:07