<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アカゲラ

キツツキ目キツツキ科 全長24cm 留鳥または漂鳥
雪原に赤は目立ちます、樹間を飛ぶアカゲラに日が当った瞬間、キラっと垣間見られる赤がとても綺麗でした。
後頭に赤い帽子を被った雄のアカゲラに出会いました。


b0076870_1052626.jpg


b0076870_10522850.jpg


b0076870_10524839.jpg


b0076870_10531077.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-31 11:04

ゴジュウカラ

スズメ目ゴジュウカラ科 全長14cm 留鳥

雪の高原の鳥さん、続きです。
お山の鳥、ゴジュウカラも雪の高原の常連さん。木上り、木下り自由自在、忍者のような動きで、雪にも負けない元気者でした。

b0076870_0315591.jpg


b0076870_0321219.jpg


b0076870_0323198.jpg


b0076870_0324718.jpg


b0076870_033536.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-30 00:47

今日のグル(オオワシ) 2010年―Ⅲ

今日(29日)信州S湖のオオワシに会いに行ってきました。一昨日の1月27日、オオワシの若鳥が現れたと、地元の友人に教えてもらいました。、その若鳥をグルが何度も攻撃したということです。
どうやら若鳥はグルの攻撃に恐れをなしてか、もういないようでした。同じ個体かどうかは分かりませんが、去年もほぼ同時期に若鳥が飛来し、グルに追い出されたとのことでした。
今日のグルは朝8時頃2度目の餌捕りをしたということで、私が到着した9時には遥か遠くの谷の木に留っていました。その後、6時間以上も木に留ったままでした。
今日の天気予報は晴れとのことでしたが、現地は吹雪、PM2時過ぎにやっと晴れ間が出てきました。PM3時頃、やっとグルが飛び立ちましたが、湖の遥か上空(肉眼で分かるか分からないか)を不規則に何回か周り、餌捕りもせず、塒の山へ消えて行きました。

飛んでいるのはトビばかり(遠くでノスリは見ましたが)、吹雪でトビも寒そうでした。景色も霞みます。私も凍えそうでした。
b0076870_1841870.jpg


やっと飛んでくれたグルは遥か上空、点のようなグルを追い続けました。
b0076870_18412712.jpg


又、会いに行くから、今度はもっと近くで姿を見せてね!
by coraltree-37-11 | 2010-01-29 19:06

シメ

スズメ目アトリ科 全長19cm 本州中部以北で繁殖するほか(北方のものは冬、南へ移動)、冬鳥として全国に飛来する。

雪の高原に行って来ました。寒かったです、ブルブル震えました。でも、鳥さんは元気、雪の中でも逞しく、生き生きと暮らしていました。


          雪上のシメ、足は冷たくないのでしょうか・・・ 私は靴の中で爪先が凍っていましたぁ~~
b0076870_9515560.jpg


b0076870_9511291.jpg


b0076870_9522059.jpg



          のっそり、もっそりしたシメ、ちょっとした事には動じない堂々たる風格でした。
b0076870_12243899.jpg


b0076870_12241382.jpg


b0076870_1225099.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-28 10:03

ベニマシコ

いきなり目の前にやって来て、幻じゃないかと思うほどあっという間に去って行ったベニマシコ、挨拶に来てくれたのかな・・・こんな出会いも嬉しい記念です。


b0076870_434088.jpg


b0076870_4354740.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-27 04:44

オシドリ

カモ目カモ科 全長45cm 留鳥または冬鳥 本州中部以北で繁殖、冬は西日本で越冬するものが多い。東北地方以北では夏鳥。

2年ぶりにオシドリの飛来する公園の池に行きました。池の大部分が凍っている所為か、近くで見ることが出来ました。かつては数百羽も飛来↓時期もあったとのことですが、この日は雌雄8羽しかいませんでした。
自然の中でも度々オシドリに出会いますが、遥か遠くのことが多く、これほど近くで見られ、つい嬉しくなって沢山撮ってしまいました。水の上のパフォーマンスは 又別の機会ということで、氷の上のオシドリをUPしてみました。氷の上を歩くと、1歩踏み出すごとに、アイススケートのようにツルっと滑って、美しくすましたオシドリもとても滑稽に見え、そこが又可愛いかったです。



①          池の岸辺で寝ていたオシドリ、1羽が泳ぎだすと次々水に入りました。
b0076870_21363588.jpg


②          泳ぎ出したオシドリが氷の上に上がりました。ツルツル滑りながら歩いていました。
b0076870_2047611.jpg


③          氷の上でドングリ発見!
b0076870_20512896.jpg


④          食べようとしても滑るのでなかなか口に入りません、やっとドングリを捕まえ?ました。
b0076870_2051481.jpg


⑤          もっとドングリないかなぁ~と探しているようでした。尾羽がスカートのようでした。
b0076870_2050123.jpg


⑥          水中にドングリ発見、ドボン! お見事、ドングリを捕まえました。
b0076870_20521121.jpg


⑦          「ふぅ~~~}
b0076870_20472685.jpg


⑧          食べたら水飲みです、氷の淵から水を飲みました。
b0076870_20481178.jpg


⑨          氷上の羽繕い
b0076870_20491480.jpg


⑩          「綺麗になったかしら・・・?」
b0076870_20493266.jpg


⑪          雌も氷の上に上がって来ました。
b0076870_20502547.jpg


⑫          ツルツル滑って、おっかなびっくり・・・
b0076870_20504433.jpg


⑬          雌は地味ですが、優しげな顔が好きです。
b0076870_2051592.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-25 22:10

チュウヒとノスリ

チュウヒ(全長52cm)とノスリ(全長55cm)のバトルを見ました。



          ①気持ち良さそうに葦原上空を悠々と飛ぶチュウヒ
b0076870_9163872.jpg


          ②ノスリがチュウヒを見つけると急降下、チュウヒに体当たりするように近寄りました。
b0076870_9404539.jpg


          ③空中戦は足蹴りが武器のようです。(上がチュウヒ、下がノスリ)
b0076870_9175081.jpg


          ④
b0076870_9181782.jpg


          ⑤
b0076870_9183534.jpg


          ⑥接近して蹴り合いをすると、そのまま左右に分かれていき、また少しの間合いをあけて、又接近戦、それを数回繰り返して、それぞれ反対方向に飛び去りました。
b0076870_9185654.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-23 09:39

ハイイロチュウヒ

タカ目タカ科 全長48cm 冬鳥
ハイイロチュウヒに又会いたくて、プチ遠征してきました。 冬の寒さの間隙の風もなく暖かい日でした。早朝からハイイロチュウヒの狩り場を廻りましたが、トビやカラスしか飛んでいません。毎回必ず出会うチョウゲンボウさえ姿が見えません。そこで塒入りを待つしかないかと、ハイイロチュウヒの塒に近い場所に移動しました。
天気が良いので、いつまでも狩りをしているのでしょうか、待っても待ってもハイイロチュウヒは帰ってきません。太陽と周りの空が真っ赤に染まり、その太陽が山の端に没した頃、pm4時50分、ようやくハイイロチュウヒの雌が帰ってきました。雌が3羽ほど続いて帰り、その後待望の雄が姿を見せました。その後、雌、雄続きました。
葦原を低く飛び塒に帰ってきます。塒の上空で旋回し、塒に入ります。身を翻す時の青く輝いた翼、とても美しかったです。素晴らしい光景を目の当りに出来、もう大満足でした。
でも、8G以上も撮った写真は、全部使い物になりません。がっかりでした。pm5時、この暗さで満足に撮れる腕も機材もありません。(;_;)/~~~
何とか様子の分かる記念写真しかUP出来ませんが、目に焼きついたハイイロチュウヒの美しさをいつかは撮影できるようになりたいです。


          この太陽が山の端に没した後、ハイイロチュウヒの登場でした。
b0076870_1330541.jpg



          
b0076870_13305380.jpg


b0076870_13311998.jpg


b0076870_13321535.jpg




          

b0076870_13325536.jpg


b0076870_13331641.jpg


b0076870_133343100.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-21 14:06

オオタカ

タカ目タカ科 全長♂50cm ♀56cm 九州以北では留鳥
この日はオオタカ成鳥、幼鳥と2か所で出会えました。青空にオオタカ、嬉しい出会いでした。


①     田圃の上を飛翔するオオタカに出会いました。
b0076870_2384544.jpg


b0076870_239254.jpg


③     その田圃からほど近い河原で、オオタカ幼鳥に出会いました。
b0076870_2392228.jpg


④     あどけなくて可愛らしい、おどけたような飛翔姿を披露してくれました。
b0076870_2393948.jpg


b0076870_2395714.jpg


b0076870_2311116.jpg


⑦     幼鳥といえども精悍な顔つきもしました。
b0076870_23111989.jpg


⑧     どこからともなく、幼鳥がもう1羽現れました。
b0076870_23114668.jpg


⑨     兄弟喧嘩かな? じゃれあっているように見えました。
b0076870_2312833.jpg


b0076870_23151864.jpg


⑪     どこからともなく成鳥オオタカが現れました。親鳥でしょうか、2羽の幼鳥をたしなめているように見えました。
b0076870_2315379.jpg


⑫     親鳥と幼鳥達は山の端へ姿を消しました。
b0076870_23155783.jpg

by coraltree-37-11 | 2010-01-19 23:46

コクチョウ

カモ目カモ科 全長115cm~140cm オーストラリアなど南半球の湖沼に生息する水鳥
家からほど近い都市公園にやって来た2羽のコクチョウに会ってきました。どこから来たのでしょう、飼育されていたものが逃げてきたのでしょうか、それとも、遥々・・・?  足環はつけていないそうです。 黒い羽毛に包まれ、赤い嘴が綺麗でした。



b0076870_10273497.jpg


b0076870_10275534.jpg


b0076870_10281374.jpg


b0076870_10283265.jpg


b0076870_10285098.jpg



カメラは私を含めて2,3台でしたが、ご近所の方や幼稚園生や小学生の集団など多くのギャラリーがコクチョウを取り巻き、前に出れば近過ぎて、レンズが大きいのでとても写せず、引けば人垣に阻まれ写せません。
この日は池に広く氷が張っていて、コクチョウは畔に沿って移動、これも近過ぎる原因でしょうか、それによく動き、細長い池を2往復もさせられました^^;
で、合い間にやっとこ写しました。仲の良い2羽のコクチョウ、寄り添う姿が印象的でした。
by coraltree-37-11 | 2010-01-17 11:01