<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

高原のカラ達

標高1500mの高原に初雪が降った翌日、高原は心地よい寒気に包まれていました。
透き通った空気が、八ガ岳や南アルプスの山々を鮮明に浮かび上がらせ、遠くには富士山を遠望出来ました。
b0076870_1841374.jpg

スキー場へ向かう道で、澄んだ声で歌っているカラさん達の声に車を止め、脇道の林道へ入っていきました。シジュウカラの群れが元気に餌探し、コガラもヤマガラもいました。しばらく見ていると、ゴジュウカラも登場です。遠くでウソの悲しげな鳴き声がかすかに聞こえてきました・・・
                          
                          ゴジュウカラ
b0076870_1852697.jpg

                          ヤマガラ
b0076870_1855164.jpg

                          コガラ
b0076870_1861169.jpg


2008年ももう後僅か、今年も元気で楽しく鳥さんと遊んでもらうことができました。
拙い写真を見て下さった皆様、ありがとうございました。優しいコメントもありがとうございました。
b0076870_1864183.jpg

by coraltree-37-11 | 2008-12-30 07:06

ルリビタキ

スズメ目ツグミ科 全長14cm 留鳥(漂鳥)
繁殖期には亜高山帯の林、非繁殖期には平地から山地の林に生息するルリビタキ、冬鳥ではないのだけれど、身近で見られるのは冬、今季も出会うことができました。
ミソッチのいた公園で、ルリビタキの(たぶん)♀と若鳥♂に出会いました。
毒キノコの生える朽木の上でしばしの間、嬉しい出会いをしました。
2個体が代わる代わる出て来て・・・もうどっちだか分からなくなってしまいましたぁ~
翼角が薄っすら青いのが若鳥♂です。来年か再来年には、きれいなblue birdになるのでしょうね。
b0076870_12304614.jpg
b0076870_1231765.jpg
b0076870_12312960.jpg
b0076870_12314875.jpg
b0076870_1232831.jpg
b0076870_12322646.jpg
b0076870_12324656.jpg
b0076870_1233686.jpg


青い子はこちらをクリック!
by coraltree-37-11 | 2008-12-28 13:07

ミソサザイ

スズメ目ミソサザイ科 全長11cm 留鳥
都内の公園で久しぶりにミソサザイに出会いました。美しいミソサザイの囀りは聞けませんでしたが、ウグイスと似た声でチッチッ…と鳴いて、その可愛い姿を見せてくれました。
尾羽をピンと立てたミソサザイは、ほんと可愛いです!
光と影が複雑に交錯する場所、とても撮影が難しく、上手く撮れませんでしたぁ(;_;)/~~~

b0076870_9424969.jpg
b0076870_9431449.jpg
b0076870_9433465.jpg
b0076870_944172.jpg
b0076870_9441355.jpg
b0076870_944262.jpg
b0076870_945834.jpg

by coraltree-37-11 | 2008-12-27 10:11

コゲラ

キツツキ目キツツキ科 全長15cm 留鳥
頭頂部の左右両側に赤い羽を持つ♂のコゲラです。
b0076870_15405238.jpg


b0076870_15394851.jpg


b0076870_15402967.jpg



b0076870_1672253.jpg
Merry Christmas ♪
今日はクリスマス、皆さんはどんな素敵なクリスマスをお過ごしですか?
夫婦二人暮らしの我が家では、子供がいないとクリスマスに何をすればよいのか分からず、せめてもとイチゴショートケーキを二つ買ってきました。
子供達がワイワイ賑やかだった頃を懐かしみながら、今夜侘びしく食べることになるでしょう・・・トホホ(^_-)-☆
by coraltree-37-11 | 2008-12-25 16:15

トビ

タカ目タカ科 全長60cm 留鳥
山のトビです。すぐ目の前を通過しました。迫って来ると、かなり迫力がありました。
慌てて手持ちで撮りました。目の前を掠めて、近くの松の木に留まりました。
b0076870_11411959.jpg
b0076870_11414116.jpg
b0076870_1142106.jpg

by coraltree-37-11 | 2008-12-23 12:06

ジョウビタキ♀

ジョウビタキも日本のフィールドへやって来て、縄張りも確定し、生活にも慣れてきたのでしょうか、あちこちで愛らしい姿を見せてくれるようになりました。
こんな近くにと驚くほど近くに寄って来てくれることもあって驚かされます。

               木の実や草の実を、そして虫を、美味しそうに食べている姿は愛らしいです。
b0076870_9585280.jpg
b0076870_9592962.jpg


               面白い所に出会いました。枝に留まったジョウビタキ、口を大きく開けて、木の実を口から出しました。吐き出すことなく、また食べます。牛の反芻のような感じでしょうか。
               猛禽類やカワセミなどが消化できない羽や骨を(ペレット)吐き出すところはよく目にしますが、これは違いますよね。連続で撮ってみました。           
                    
b0076870_9595079.jpg

                    
b0076870_1001058.jpg

                    
b0076870_1003594.jpg

                    
b0076870_1005656.jpg

                    
b0076870_1011737.jpg

                    
b0076870_1013869.jpg

                    
b0076870_102170.jpg

                    
               時々は庭にもやって来てくれるジョウビタキ、身近な冬鳥さんです。
               優しげな顔の♀ですが、縄張りに侵入してくる♂のジョウビタキやルリビタキを果敢に追い払う姿は勇ましくさえあります。私は巴御前を思い浮かべます。
b0076870_10112724.jpg
b0076870_10115284.jpg

by coraltree-37-11 | 2008-12-21 10:48

シジュウカラ

昨日は、お山は雪でした。一週間ぶりに八ガ岳の麓の高原に行って来ました。
雪景色にびっくり、スタッドレスタイヤでよかったです。
会いたい鳥さんの定点観測をして、今日も会えなくて、ドライブして帰って来ました。雪の中でも鳥さんは元気でした。
お馴染みのシジュウカラですが、ひと際元気にツーピーツーピー・・・こちらも元気をもらえました。
b0076870_047771.jpg
b0076870_0473289.jpg
b0076870_0475947.jpg

緑の虫を捕まえて嬉しそうなシジュウカラ、やっぱり木の実より虫はご馳走のようです。器用に虫のお腹の中を食べてから周りの皮を食べてました。
b0076870_0483267.jpg
b0076870_0485481.jpg

by coraltree-37-11 | 2008-12-20 01:27

カワセミ

ブッポウソウ目カワセミ科 全長17cm 留鳥
山梨のマイフィールドのカワセミ君です。
この子は公園の近くを流れる川に住んでいて、時々公園の池や水路にやって来るので、なかなか会えないのですが、この日は午前と午後2回も会えました。
カワセミに出会った順に説明を加えて見ました。ヘヘ・・・)^o^(


①朝、公園を歩いているとチーッ、チーッというカワセミの声、急いで池に行ってみると、いました。秋に真っ赤に紅葉し、今は葉を落とした楓の木に留まっていました。
b0076870_1812087.jpg


②間もなく、すぐ隣の高い木に移りました。こんな高い木に留まったのは初めて見ました。
b0076870_18122355.jpg


③しばらくすると急に飛び出し、ほぼ垂直に池に飛び込み、水しぶきが上がりました。見事に魚を捕えて、水面から飛び出してきました。この間、カワセミのあまりに速い動きに、私は見入るばかりでシャッターさえ切ることができませんでした。撮れたのは木からの飛び出しだけ、それもちょっとボケてます。<(_ _)>
b0076870_18124521.jpg


④どこに行ったのかと探すと、対岸の岩の上で魚を銜えていました。ちょっと逆光になる位置でした。この後、魚を銜えて飛び出し見失いました。
b0076870_1813112.jpg


⑤数分後に戻って来て、今度は葉の茂った木の下枝に隠れるように留まって、食休みのようです。時々目を閉じて、長い間、動かずにいました。その後飛び立ってからは、戻ってこないようでした。
b0076870_18133767.jpg


⑥午後3時過ぎになって、公園から帰ろうとすると、池とは離れた木に留まっているカワセミに又出会いました。
b0076870_1814027.jpg


⑦池の方に飛んで行ったので、追いかけると⑤と同じ木に留まって辺りを見回すと、今度はすぐに飛び立ち、戻ってこないようでした。
b0076870_1814187.jpg


カワセミのホバや飛び込みを写すのは、私にはまだ無理のようです。
ここに訪問くださっている方々の素晴らしいお手本に少しでも近づける様に頑張ります。
by coraltree-37-11 | 2008-12-18 19:12

ヒヨドリ

スズメ目ヒヨドリ科 全長28cm 留鳥
5月下旬、薄紫の小さな花を房状に付けてとても綺麗だったセンダンの木も冬になってすっかり葉を落とし、実が熟して食べ頃を迎えたようです。
食べ頃と言っても、この実はとても苦くて不味いらしく、この実を好んで?食べるのはヒヨドリくらいだそうです。
自宅からすぐのこの公園のセンダンは10メートルは優に超える大木で、この実に群がるヒヨドリ達が実を啄ばむ様子を見ることが、この時期のこの公園の、私のちょっとした楽しみになっています。

ヒヨドリは鳥見をしていて一番出会いの多い鳥かもしれません、どこにでもいて、ギャーギャー、ヒーヨヒーヨ、ピィーピィーうるさく鳴きつづけ、余り(ほとんど)カメラを向けてもらえない鳥ですね。
ヒヨドリはこの日も私が追いかけていたウグイスを追いたて。、メジロも追いたて、ちょっと意地悪さんでした。

でも、次々にやって来て、センダンの実を夢中で啄ばみ、口一杯に含んだ実をゴクリと飲み込むヒヨドリの行動を見るのは飽きることがありません。
去年も撮りましたが、今年もまたセンダンの木の前で釘付けになってしまいました。


b0076870_11535911.jpg


b0076870_11542263.jpg


b0076870_11544273.jpg


b0076870_1155063.jpg


b0076870_1155222.jpg


b0076870_11554180.jpg


オマケも見てね:突然現れたハシブトガラス、可愛いんです!!
by coraltree-37-11 | 2008-12-17 12:35

ウグイス

スズメ目ウグイス科 全長♂16cm ♀14cm 留鳥
英名をBush Warbler(藪で囀る鳥)と言う通り、春夏、樹上でホーホケキョと囀る繁殖の時期を除いては藪の中にいることが多い鳥さんです。
いつもチッ、チッ、チッ・・・と藪の中から声はするのですが、まず、出て来てくれないウグイスが、昨日(15日)の日中のぽかっとした陽気に誘われてか、声のする方を伺うと姿を見え隠れさせていました。
動きが速くて、少しもじっとしていないウグイス、追いかけていたら目が回りそうでした(@_@。

b0076870_812758.jpg


b0076870_814684.jpg


b0076870_8285.jpg


b0076870_823364.jpg


b0076870_842138.jpg


b0076870_84069.jpg


b0076870_825118.jpg


b0076870_832190.jpg


今日(16日)もウグイスに出会いました。今日の分追加しました。よろしかったらどうぞ!
by coraltree-37-11 | 2008-12-16 08:28