<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハマシギ

11月の始め、千葉県船橋市の三番瀬へシギ・チドリを見に行くことが出来ました。
かねてから、シギ・チドリの宝庫と話には聞いていましたが、山家住いの身にはなかなかチャンスがなかったのですが、ご案内くださる方を得て、小春日和の一日、爽やかな海風に当たりながら、気持ちよい一日を過ごす事ができました。

干潮の干潟でまず目にしたのがこのハマシギの群れでした。
大群が採餌する様はまるで石ころでも並べたようでした。
片足立ちで眠っていたり、忙しげに採餌したりしていました。近寄りすぎて一斉に飛びたつ様は一群になってまるで波がうねるように飛び、圧倒されてしまいそう、白い羽が美しいが美しかったです。
b0076870_17135843.jpg

b0076870_1762791.jpg

ハマサギは春と秋の渡り期に全国に立ち寄る旅鳥で数はとても多く、東北南部、関東、中部以西で多数が越冬するのだそうです。
水の中でも潟の上でも、忙しそうに採餌していましました。同じような写真ですけど、どの子も可愛いくて・・・
b0076870_17263364.jpg

b0076870_1791779.jpg

b0076870_1781465.jpg
b0076870_179064.jpg


当初、「トウネン」としていましたが、ハマシギに訂正させていただきます。
トウネンの冬羽とハマシギの冬羽、良く似ていて私にはその区別がよく分かりませんでした。
トウネンは春と秋の渡りの時期に全国に立ち寄る旅鳥(4,5月と8~10月)ですからもういないのではと思ったのですが、11月の初めでしたからどうかなあ~と悩みました。
シギチ判別難しいですね、これからもっと学ぶよう努力します。失礼しました。
by coraltree-37-11 | 2007-11-17 17:46

メジロ

久しぶりにメジロに出会いました。
シジュウカラの群れの中に、混ざっていました。
日没間近の西日に照らされて、サクラの紅葉の上で、はいポーズ!
b0076870_11271586.jpg
b0076870_11274236.jpg

メジロは何度出会っても、いつでも可愛いですね。
b0076870_11313060.jpg

獲った虫を見せびらかしているように、いつまでも銜えています。
b0076870_11281657.jpg

お腹が一杯になったら、今度は美しい声を聞かせてくれました。
b0076870_1129274.jpg

by coraltree-37-11 | 2007-11-16 11:42

晩秋の公園で・・・

ポカポカ陽気の小春日和、公園を歩きました。
紅葉が眩しいほどです。
b0076870_3105929.jpg

テングチョウがいました。成虫のまま越冬するテングチョウは翅を閉じるとまるで枯葉、長い冬の前の日向ぼっこ。
b0076870_38125.jpg
b0076870_382581.jpg

b0076870_3104249.jpg

ウラギンシジミ♀、シジミチョウなのにモンシロチョウと同じくらいの大きさ、久しぶりの晴天に喜んでいるのでしょう…
b0076870_384459.jpg
b0076870_39441.jpg

b0076870_3101395.jpg

キタテハも成虫越冬、寒い冬を乗り切れますように…
b0076870_392145.jpg

絵を描く人
b0076870_3124778.jpg

b0076870_395691.jpg

そして、ジョウビタキ♀もいました。
b0076870_3271697.jpg

銀杏並木の向こうに甲斐駒ケ岳。
b0076870_3334786.jpg

by coraltree-37-11 | 2007-11-15 04:10

モズ

秋の真っ青な空にモズの声が響く。
「ギーチィ・ギーー・ギーー・ギーチィ・ギーー・ギーー・・・」百舌の高鳴き、秋。
b0076870_9123372.jpg

by coraltree-37-11 | 2007-11-12 09:29

ハクセキレイ

同じセキレイなのに
b0076870_1305956.jpg

こんな可愛い顔だったり
b0076870_0315852.jpg

ちょっと怖い顔だったり、
b0076870_1321585.jpg

いろんな顔して、いつまで見てても飽きない・・・
by coraltree-37-11 | 2007-11-08 23:57

ジョウビタキ♀ 

すっかり秋の気配に様変わりした公園を久しぶりに尋ねました。
ジョウビタキの雌が来ていました。冬鳥の到来の季節ですね。
b0076870_11131064.jpg

b0076870_11125553.jpg

b0076870_11164062.jpg

b0076870_11123465.jpg

by coraltree-37-11 | 2007-11-05 11:22

シロチョウ・・・・・ナミエシロチョウとウスキシロチョウ 等

ナミエシロチョウ

このシロチョウ、西表、石垣両島で最もよく目にした蝶でした。
始め、モンシロチョウかとも、でもどこか違うのです。そうは思いながらも不勉強で余り熱心には撮らなかったのが、帰ってきてからこの蝶を調べて悔やまれました。
雌は翅の前後の表翅外周に黒い模様があり、黄色、白、黒の3色の配色がとても綺麗な蝶なのですが、雌の写真は撮れませんでした。
ナミエシロチョウは沖縄島以南の琉球列島、台湾、東南アジア各地に分布し、冬場の寒い時期を除いてほぼ1年中その姿を見ることの出来る蝶です。

これは雄です、雄は前翅の先端に小さな黒紋がある他は、翅の表は白色、裏は薄く黄色を帯びます。
b0076870_153946.jpg

b0076870_143176.jpg

b0076870_16629.jpg

飛翔
b0076870_17030.jpg


ウスキシロチョウ
奄美諸島以南に分布し、先島諸島では1年中見られる蝶です。
この蝶には、ギンモン型(翅の中央に小さな紋を持つ個体)、ムモン型(その紋がないもの)などいろんなタイプの個体がいます。

ムモン型雌
b0076870_2315688.jpg

b0076870_1104195.jpg

ムモン型雄
b0076870_195856.jpg

これも・・・かな?  あ~ 判別が難しく頭を悩ませています。
b0076870_1114199.jpg


タイワンキチョウ

チリメンナガボウソウ(クマツヅラ科)で吸蜜するこの蝶は・・・? タイワンキチョウかな・・・
b0076870_2522984.jpg


沖縄は蝶達の楽園、沢山の蝶に出会うことが出来ました。
ほかに、リュウキュウムラサキ、ルリタテハ、メスアカムラサキ、そして名前の分らないシジミチョウ2種も見ることが出来ました。

美しい自然の中で、南国の蝶や鳥が飛び交い、貴重な生き物達が生きていました。
ほぼ1ヶ月に渡る沖縄報告もこれで終了します。
出会うことの出来たものたちとの再会、出会えなかったものたちとの出会いを楽しみに、是非又訪れてみたいと思っています。見て戴いてありがとうございました。
by coraltree-37-11 | 2007-11-02 03:38

黒い鳥・・・・・イシガキヒヨドリとオサハシブトガラス

イシガキヒヨドリ
本州などで普通に見られるヒヨドリに比べると、褐色がかって濃い色をしています。
カラスのように黒いヒヨドリという感じがしました。体の下面全体も褐色です。
日焼けしたヒヨドリさんですね!
b0076870_16174549.jpg
b0076870_16192031.jpg

オサハシブトガラス
八重山方面に分布するこのカラスはいつも見慣れているカラスよりずっと小さくて、遠目ではハトかしらと思うほど小さいのです。
私が目にした西表では自然の中に生活していて、木の実をついばんだりして可愛い野鳥で、あの都会のカラスのような憎憎しさを感じませんでした。
b0076870_16424518.jpg
b0076870_16431224.jpg


沖縄旅行で出会った鳥は、ほかに
シロチドリ、チュウシャクシギ、セイタカシギ、キジ、キセキレイ、シラサギ類、カモ類、ハト類、
それに本州では見られないものとしては、エリグロアジサシ、ツメナガセキレイなどです。
素晴らしい自然、多くの鳥たちとの出会い、素晴らしい旅でした。
by coraltree-37-11 | 2007-11-01 17:21