<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

冬の紫陽花

余り外出しなくなって、またまた庭からです。
初夏に花を咲かせた紫陽花を剪定せずに置いてみました。

雨の季節の鮮やかさは、すっかりなくなったっけれど、
紅葉する葉、緑の葉、紅葉?する花、葉脈だけになった花(がく)、深い深い味わいが。
「朽ちゆくもものの美しさ」を感じるのは私だけでしょうか・・・・・
b0076870_16301351.jpg


もう振り向く人はいなくなったけれど、時を重ねた花姿、私は好きです。
遷りゆくごとに変える表情・・・
b0076870_1650121.jpg


b0076870_16492760.jpg


b0076870_16494487.jpg


b0076870_16523741.jpg


b0076870_16512937.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-28 17:35

庭の実達

雨上がりの朝、庭の実達は雫をつけて・・・いつもと違う顔でした。

ナンテン
とっても苦いナンテンの実、いよいよ餌がなくなるまで鳥たちも食べないようだけど・・・
b0076870_11213455.jpg


ピラカンサス
まるで小さな柿の実・・・
b0076870_11222218.jpg


ハナミズキ
もう殆ど鳥たちの食べられて、少し残った最後の実・・・
b0076870_1122161.jpg


ヤツデ
やがて黒い実になる・・・
b0076870_11224425.jpg


センリョウ
お正月まで、もつかなあ・・・
b0076870_1123557.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-27 11:38

シコンノボタン

紫紺野牡丹はブラジル原産の小低木。、
熱帯性の花木なのに、寒さには強い、この時期まだ元気に花を咲かせていました。
葉にはビロードのように長い毛がびっしりと生え、赤から緑へと葉のグラデーションも美しい。
b0076870_2393011.jpg


曲がった雄しべとその先の葯の部分が蜘蛛の足のように見えるので「ブラジリアン・スパイダー・フラワー」とも呼ばれています。
b0076870_2395639.jpg


フワフワの毛で覆われた赤い蕾。
b0076870_23102792.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-25 23:43

精進湖よりの富士山

精進湖北岸からの富士山は、手前に大室山を抱え、子抱き富士と呼ばれる。
今日は少し霞んではいるが、まずまずの富士山日和、精進湖に着いてすぐ、逆さ富士が見られた。感激!!
b0076870_23223959.jpg


湖面に写っている対岸の紅葉した樹木が、だんだん水際から離れ、
b0076870_23225569.jpg


徐々に消えていく。
b0076870_23231323.jpg


こうして、逆さ富士も終わっていきました。この間5分くらい、実に運がよかったと思う。
b0076870_23233196.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-22 23:38

マユミ(檀)

森の公園で、ピンクの小さな可愛い花が一杯・・・と思ったら、これは実だった。
春(5月)に出会ったマユミだった。秋(11月)再び同じ場所で再会した。
春には余り目立たない白い花が咲いていたのに、秋には一際目を引く。
b0076870_23484244.jpg


たわわに実って・・・
b0076870_23511623.jpg


ピンク色の実がパカっと割れてオレンジ色の種子が出てくる
b0076870_23492151.jpg


花のような実
b0076870_23501315.jpg


今年5月の花の時
b0076870_0285975.jpg


12月5日撮影分を追加します。ぱっくり口を開けて、種が見えています。
b0076870_937442.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-21 00:33

アスクレピアス

11月の高原で、寒さに耐えて、こんな華やかな花を見つけました。
アスクレピアス、和名トウワタ、ヤナギトウワタです。
ガガイモ科です。夏に出会った紫のビロードのような花、ガガイモと、同じ仲間なんですね。
b0076870_9372645.jpg


蕾は深い赤、咲けばオレンジと黄色、各段階の色が混在していて、とてもカラフルでした。
花言葉は「行かせてください・小さな恋・心変わり」
小さな恋をして、心変わりして、行かせてください!でも「明日くれ、ピアス」なんて、なんて我が侭な花なんでしょう!でもそんな我が侭許せる程の美しさがあるように思いました^^
b0076870_9341753.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-12 10:13

秋の日溜りの中の虫たち

ベニシジミ
秋が深まり、春型のように鮮やかな彩りに変わってきました。かなり冷え込んできたのに、秋の日溜りの中で元気に飛んでいました。幼虫越冬のベニシジミ、このベニシジミは、もうすぐ一生を終えるんだろうなあ・・・
b0076870_11422392.jpg


イカリモンガ
初夏に出会ったイカリモンガとは見違えるほど、秋色?に染まっていました。
昼間活動し、羽を閉じて止まるし、触角も細くて蝶と間違われやすい蛾だけれども、秋のイカリモンガは「イカニモ」蛾だった。ヽ(´▽`)/へへっ
イカリモンガは5月と8月に発生し、8月に羽化した仲間は、落ち葉の下や朽ち木の中の「冬の宿」で越冬し、翌春再び活動を始めるのだそうだ。このイカリモンガもこれから寒さと言う試練が待っているんだろう・・・
b0076870_11432640.jpg


胸にハートマークのハエ?
ハートマークをつけたハエ、羽が日の光に照らされて、輝いていました・・・
b0076870_1144223.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-09 10:18

ヤツデの花に集まる虫  ニホンミツバチ

ニホンミツバチもヤツデがお気に入りのようです。天気さえ良ければ毎日やってきます。
ヤツデの回りは、ブ~~ン!という音が一杯です。
b0076870_22453690.jpg

ミツバチの正前からの顔って、本当におかしいですよね。
b0076870_22455796.jpg

花の少ない季節、ヤツデの花はハチ達に貴重な蜜を与えている。
b0076870_2248044.jpg

無心で蜜を吸うハチ
b0076870_22484054.jpg

忙しげに花の周りを飛び交って・・・
b0076870_22493457.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-06 23:09

ヤツデの花に集まる虫  スズバチ(ドロバチ科)

スズバチがやってきて・・・
b0076870_9344786.jpg

ヤツデの花の蜜を吸い出しました。
b0076870_9353092.jpg

この胴のくびれ、お尻が重そうです・・・
b0076870_935551.jpg

花粉を頭に一杯つけて
b0076870_9383244.jpg

飛び去っていきました
b0076870_9385325.jpg

by coraltree-37-11 | 2006-11-02 10:02